庭木図鑑 植木ペディア > カイノキ

カイノキ(楷樹)

Chinese pistache

なぜ楷書という
この枝の様子が「楷書」の語源 「学問の木」と呼ばれる
カイノキ 樹木
芽吹きの頃の様子
カイノキ 葉っぱ
葉は羽根状で、クシノキ(櫛の木)との別名がある
カイノキ 赤い実
黄葉の少し前、枝元に実ができる
楷の木 果実
実は赤一色になることもああるが・・・
ランシンボク 果実
こんなカラフルになることもある
カイノキ 黄葉 紅葉
黄葉の美しさは他を圧倒する
学問の木
学問に集中できなそう・・・
カイノキ 幹
樹皮の様子

【カイノキとは】

・中国、台湾及び東南アジアを原産地とする落葉樹。中国にある孔子の墓所に植えられており、日本には大正初期に渡来した。当初は儒学に馴染みのある場所に植栽され、そこから各地に広まった。「学問の聖木」あるいは「学問の木」とされ、教育機関のシンボルツリーとなることがある。

 

・紅葉が美しいことで知られる。個体や環境によって赤にも黄色にも変化し、同じ木でも年によって色合いが微妙に異なる様が好まれる。

 

・整然とした枝葉の様子から、書道の「楷書」の語源になったとされる。材も美しく家具等を造るのに使われる。

 

・成木になると幹が腐って空洞になる=芯が腐乱することから別名の「ランシンボク」がある。

 

・あまり目立たないが、4月から5月にかけて赤い小さな花を咲かせる。

 

【育て方のポイント】

・土質は選ばず丈夫に育つが、多少湿気のある場所がよい。

・きれいな紅葉を鑑賞するには日照が不可欠。

・暖地性だが、耐寒性はある。

・特徴的な葉をいかすため、できるだけ剪定を避け、広々と育てたい。成長に伴って横幅も出てくるため、相当なスペースが必要となる。一般家庭にはあまり向かない。

 

【似ている木】

 ハゼノキ

 ニワウルシ

 ムクロジ

カイノキの基本データ

 

【分類】ウルシ科 カイノキ属

    落葉広葉 高木

【学名】Pistacia chinensis

【別名】カイジュ/ランシンボク/クシノキ

    ナンバンハゼ/トネリバハゼ 

    コウレンボク

【成長】やや早い

【移植】簡単

【高さ】20m~30m

【用途】公園

【値段】1000円~5000円