庭木図鑑 植木ペディア > クスノハカエデ

クスノハカエデ(楠葉楓)

Kusunoha kaede

くすのはかえで
葉がクスノキに似るカエデ

【クスノハカエデ】

・東アジア及び東南アジアの明るい山林に分布する常緑性のカエデ。個体数が少なく絶滅が危惧されているものの、挿し木で増やしたものが観葉植物(「エバーグリーンメイプル」、「メイプルリーフ」)として流通している。日本における天然の分布は沖縄及びその周辺の島嶼に限られる。

 

・葉はまったくカエデらしくなく、名前のとおりクスノキなどの常緑広葉樹に似るが、トウカエデのように浅く裂ける個体もある。新葉や成長の盛んな葉はクスノキと同じように赤み(あるいは黄色)を帯びるが、秋に紅葉することはなく、一年を通じて緑色を保つ。葉の裏側は灰白色で、風になびくと白さが目立つ。

 

・雌雄同株で3~5月に咲く花はクリーム色。種子はプロペラ状でイロハカエデなどに似る。

 

【育て方のポイント】

・暑さ寒さに耐え本州でも栽培可能だが、基本的には亜熱帯性であり、最低気温が5℃を下回る場所では冬季に葉が見苦しくなる。また、枝が柔らかく積雪の被害を受けやすいため、鉢植えで管理した方が無難である。

・日向を好むが耐陰性もあり、半日陰程度なら十分に育つ。

・石灰岩質の土壌を好むが、適応力はある。

・病害虫には比較的強いが、ゴマダラカミキリなどの被害に遭うこともある。

クスノハカエデの基本データ

 

【分類】ムクロジ科 カエデ属

    常緑広葉 高木

【学名】Acer oblongum Wall.

    subsp. itoanum

    (Hayata) Hatus. 

【別名】マミク/マモク

    エバーグリーンメイプル

    チャイニーズメイプル

    メイプルリーフツリー

【成長】やや早い

【移植】簡単

【高さ】8m~15m

【用途】鉢植え

【値段】1500円~