庭木図鑑 植木ペディア > ギョリュウバイ

ギョリュウバイ/ぎょりゅうばい/御柳梅

New Zealand tea tree

マヌカの花
ギョリュウバイの花言葉は「蜜月」など
マヌカ,植物
ギョリュウバイの若葉
マヌカの花,特徴
ギョリュウバイには花柄がなく、ウメのように枝に咲く
ぎょりゅうばい,植物
花弁は基部がくぼんでおり、風で散りやすい
ぎょりゅうばい,植物
枝葉の様子

【ギョリュウバイとは】

・オセアニア(オーストラリア東南部、タスマニア及びニュージーランド)を原産とするフトモモ科の常緑低木。世界各地で栽培されるが日本には戦後に渡来し、花を観賞するため庭木や鉢植として植栽される。

 

・ギョリュウバイという名は、葉が中国原産のギョリュウに似て、ウメのような花を咲かせることによるが、実際はさほど両者に似ているわけではない。漢字表記は「御柳梅」または「檉柳梅」で、柳も檉もヤナギを意味し、ギョリュウが持つヤナギのような雰囲気に由来する。

 

・ギョリュウバイの開花は5~6月だが、気温5℃以上の日が続けば11~1月でも咲き、鉢植えとして屋内で管理した場合にはさらに不規則となる。花は直径1~2センチの五弁花だが、品種によって八重咲きやピンク、赤、白色の花弁もある。花の後には小さくて細長い種子ができ、これが学名の由来となっている。

 

・葉は長さ1.5センチほどの薄い線形で質は硬く、枝から互い違いに生じる。葉の縁にギザギザはなく、裏面には絹毛を生じる。枝は赤褐色で柔らかい。葉には薬効があり、原産地では葉をお茶にして飲む習慣があり、英名をティーツリーという。別名ネズモドキはネズに由来し、葉の雰囲気が似ることによる。

 

・幹は株立ち状になり、枝葉が茂って鬱蒼となりやすい。日本では樹高2mほどだが、原産地では10mにも達する。

 

・ニュージーランドではマヌカといい、本種を蜜源として作られるマヌカハニーは病原性微生物に対する抗菌作用が高い。このため腸内環境を整える健康食品あるいは美容液として注目されている。

 

【ギョリュウバイの育て方のポイント】

・日当たりと水はけの良い場所を好む。暖かい国の原産だが耐寒性があり、関東以西であれば地植えできる。

 

・枝葉が鬱蒼としやすいため、定期的に剪定する必要がある。剪定の適期は花の直後だが、樹形は整えにくく、また、小枝に棘を生じるため留意する必要がある。

 

【ギョリュウバイの品種

 レッドダマスグ、ニコルシイ、チャップマンニイ、スコパリウムなど多様な品種がある。 

ギョリュウバイの基本データ

 

【分類】フトモモ科 ギョリュウバイ属

    常緑広葉 低木 

【学名】Leptospermum scoparium 

【別名】ティーツリー/ネズモドキ

    ニュージーランドティーツリー

    レプトスペルムム/マヌカ

【成長】やや早い

【移植】簡単

【高さ】1~4m 

【用途】公園/切花/鉢植え 

【値段】800円~