庭木図鑑 植木ペディア > クチナシ

クチナシ(梔子)

Gardenia

梔子の花 画像
香りが高く、クチナシを模した香水も多い。
梔子の蕾 画像
蕾はねじれるように折り畳まれている(八重咲き種)
クチナシ 八重 花
より派手な八重咲きの方が好まれる
梔子 樹形
樹高は3m以下におさまる
梔子 葉っぱ 画像
クチナシの葉
梔子 葉っぱ 写真
葉の裏側の様子
梔子の実 写真
花の後にできはじめた実
fruits of gardenia,Japan
実が熟しても割れないので「クチナシ」という
山梔子 幹
幹(枝)は灰色で平滑 あまり特徴はない

 

【クチナシとは】

・静岡県及び福井県より西の本州、四国、九州と沖縄に自生するアカネ科クチナシ属の低木。花はジャスミンに似た甘い香りを放ち、キンモクセイジンチョウゲと共に三大芳香木とされる。日本のほか、中国やインドシナにも自生する。

 

・開花は梅雨時の6~7月。咲き始めの夕方は純白で、翌朝にはクリーム色、落下前は褐色に変化し、やや見苦しくなる。花弁が6枚あるように見えるが、実際は根元でつながっている。雌しべの先端が花弁より外へ突き出すのが特徴。なお、花は湿気の多い夜によく香る。

 

・クチナシの原種は一重咲きだが、庭木としてはより派手な八重咲きが好まれるため、かえって一重のものを見る機会は少ない。

 

・葉には光沢があり、写真のようにはっきりとした線(葉脈)が入っているため比較的、見分けやすい。長さは6~15センチ程度。

 

・10月~2月頃にかけてできる実はオレンジ色で、先端には6本の萼(がく)がトマトのヘタのように残る。この萼をクチバシに見立てて、「クチバシを持ったナシ(実)」の意でクチナシとなったという説もある。しかし一般的には、実が熟しても割れない=「口無し」に因むとされる。将棋盤や碁盤の脚にクチナシの実がデザインされるのは、見学者が勝負に口出しをしないようにとの意味が込められている。

 

・実にはカロチノイドという色素が含まれ、飛鳥時代の古くから布を染めるのに用いられた。栗きんとんや沢庵、餅等の着色にも使われるこの色は「口なし」に代えて「言わぬ色」と呼ばれる。また、クチナシの実は生薬「山梔子(さんしし)」として止血、打撲、利尿に用いられる。根にも薬効が認められている。

 

【育て方のポイント】

・基本的には土質を選ばず、丈夫に育つ。自生地より北でも適応し、青森県でも栽培できる。乾燥にはやや弱い。

 

・日陰に強いが、花を楽しむ場合は半日陰程度の場所が望ましい。

 

・剪定によって形を整えることができるものの、コクチナシ以外は刈り込むと葉が見苦しくなるため、枝抜き剪定が望ましい。

 

・クチナシは株立ち状に育ち、幹らしい幹はない。枝葉がよく茂るため、低めの生垣として利用される場合もあるが、そうしたケースでは形を重視し、花数を期待せずに刈り込むことが多い。

 

・オオスカシバの幼虫によって葉を食害されやすく、放置すると丸坊主になる。日頃からよく観察し、害虫は見つけ次第、取り除く。

 

・語呂合わせで「嫁に貰う口なし」=良縁に恵まれないとし、かつては庭に植えるのを忌み嫌う地域もあった。

 

【類似種、園芸種の見分け方】

・マルバクチナシ

 丸みのある小さめの葉を持つ。

 

・ヤエクチナシ(オオヤエクチナシ、ハナクチナシ)

 クチナシの園芸品種で、八重かつ大きめの花が咲く。一重のものより芳香が強いものの、実はほとんどならない。仮に実ができて種子を播いても一重のクチナシになることがある。

 

・コクチナシ(=ヒメクチナシ)

 中国を原産とする品種で、葉も花もより小さい。高さが30~70センチ程度にしかならず枝は横に這う。「ガーデニア」と称して流通し、グランドカバーや鉢植えに使われる。葉はクチナシの3分の1程度の大きさで、花は一重(ヒトエノコクチナシ)と八重がある。

 

・斑入りクチナシ

 葉に模様が入る品種。模様の入り方によって様々な園芸品種名がある。 

姫梔子 一重
一重咲きのヒメクチナシ(コクチナシ)
gardenia,flower,picture
八重咲のヒメクチナシ(コクチナシ)
斑入り クチナシ 庭木図鑑
葉に模様が入る品種もある
クチナシの種類
花は目立たなくなるが、花のない時季でも楽しめる

クチナシの基本データ

 

【分類】 アカネ科 クチナシ属

     常緑広葉/低木 

【学名】 Gardenia jasminoides 

【別名】 ガーデニア/センブク

     サンシシ/サンシチ 

【成長】 早い 

【移植】 簡単 

【高さ】 1m~3m 

【用途】 花木/垣根/公園

【値段】 500円~