庭木図鑑 植木ペディア > キョウチクトウ

キョウチクトウ/きょうちくとう/夾竹桃

Sweet-scented Oleander/Indian Oleander

毒
花言葉は「危険」など 公害に強く都市部に多い
夾竹桃の蕾,きょうちくとう
キョウチクトウの蕾
夾竹桃の種類
ピンクの八重咲きが最も多いが
キョウチクトウ,バーベキュー,毒
ピンクの一重や・・・・
キョウチクトウ,きょうちくとう,花,画像
白い花 
夾竹桃 庭木図鑑 画像
赤い花もある
きょうちくとう,冬季,毒
新芽の様子
leaf of Oleander in Japan
名の由来となる竹に似た葉
夾竹桃,きょうちくとう,種類
葉に模様が入る品種(フイリキョウチクトウ) 
キョウチクトウ 手入れ
大株となるため、剪定が欠かせない
夾竹桃,茎,毒
キョウチクトウの幹

【キョウチクトウとは】

・インド~中近東を原産地とするキョウチクトウ科の常緑樹。享保年間(1716~36)あるいは寛政年間(1789~1801)に渡来し、挿し木で容易に増えるため観賞用として普及した。今ではサルスベリノウゼンカズラムクゲなどと共に夏を代表する花木として知られる。

 

・乾燥、大気汚染、潮風に耐える強靭な性質を持ち、病害虫の被害も少ないため、公園や庭園のみならず、海岸や幹線道路沿い、工場、高速道路の分離帯等、条件の厳しい場所の緑化に重宝される。広島や長崎では原爆の被爆後も開花し続け、復興のシンボルとなった。

 

・葉や樹形が竹に、花が桃に似ていることから夾竹桃と名付けられた。「夾」は挟むの意で、竹のような葉が桃のような花を挟んでいる様子、あるいは葉がハサミ(挟)の刃に似ていること表す。

 

・キョウチクトウの花期は梅雨時を除いた6~9月。その年に伸びた枝の先に、直径2~5センチの小花が数輪~10数輪が集まって咲く。花色はピンク、白、赤、クリーム色、紫、オレンジなど。

 

・基本種の一重咲きは花冠が五つに裂けて捩れたプロペラ状になるが、ピンク色の八重咲きが最も多い。花の下部は筒状になり、糸くずのような附属物がある。日本での開花は夏季だが原産地ではほぼ一年中咲いて微香を放つ。

 

・花の後には長さ1~1.5センチの線形の果実ができ、熟すと自然に弾ける。種子の両端には淡い褐色の長い毛があり、風によって拡散される。ただし、結実は稀であり、繁殖は挿し木や取り木によることが多い。

 

・キョウチクトウの葉は長さ6~20センチ、幅0.6~2センチの細長い楕円形で先端は鋭く尖る。質は厚くて表面に光沢があり、縁にギザギザはない。葉の出方は「3輪生」と呼ばれる特殊なもので、枝の一節から3枚ずつ生じる。 

 

・枝、花、葉に毒(オレアンドリン等の強心配糖体)を含み、誤食すると頭痛、嘔吐、下痢、意識障害、幻覚、心臓麻痺を起こし、死に至ることもある。家畜のそばには植栽しない方がよい。バーベキューや戦時下の野営において本種の枝を箸や串として使い、死亡事故につながった例がある。 

 

・幹は地際から数本が立ち上がって株立ち状になり、上部での枝分かれが多い。樹皮と根は強心剤として薬用することもあったが、上述のとおり毒性があるため素人が手を出すのは危ない。幹や枝を切ると白い液が出てくるが、これに注意する必要がある。

 

【キョウチクトウの育て方のポイント】

・痩せ地でも育てることができるが、日照は必要。学名にある「Nerium」はギリシャ語の「湿った」に由来し、近縁のセイヨウキョウチクトウが湿地に生じることによるが、本種はやや乾燥気味の場所を好む。

 

・どこで切っても再生し、雑に剪定しても滅多に枯れないほど丈夫な性質を持つ。ただし、上へ伸びて株が大きくなる勢いが強く、樹形は整えにくい。開花の適期は10月だが、強い剪定を行うと翌年の花数は少なくなる。

 

・インド原産でやや暖地性であるため、日本での植栽適地は関東以南となる。積雪が多い寒冷地の屋外では越冬できない。また、暖地では花期が長いが、寒冷地での開花期は短い。 

 

・風通しが悪い場所では稀にオレンジ色のアブラムシやカイガラムシが発生する。

 

・剪定クズにも毒が含まれ、生木を燃やした煙も有害であるため、ゴミとして引き取ってもらえないケースがある。

 

【キョウチクトウの品種】

 アルジェ、アルヴァ、カーディナル、スプレンデンス、ダブルイエロー、チェリルズ、ミセススワンソン、ミセスロディング、ベチートサーモン、サプライズ、ブライトゴールデンイエロー、バリエガタムなど50種類以上ある。

 

【キョウチクトウに似ている草木】

クサキョウチクトウ

 ハナシノブ科の多年草で、花や葉の様子がキョウチクトウに似る。別名をフロックスまたはオイランソウという。

 

・キバナキョウチクトウ

 単に花が黄色いキョウチクトウというわけではなく、中南米を原産とする別属(キバナキョウチクトウ属)の常緑小高木。

 

毒のある木

キョウチクトウの基本データ

 

【分類】キョウチクトウ科キョウチクトウ属

    常緑広葉/低木

【漢字】夾竹桃(きょうちくとう) 

【別名】ミフクラギ/半年紅

【学名】Nerium oleander var.indicum

【英名】Sweet-scented Oleander

    Indian Oleander

【成長】かなり早い

【移植】やや困難

【高さ】2m~4m

【用途】公園/街路樹/工場

【値段】1000円~