庭木図鑑 植木ペディア > キシツツジ

キシツツジ/きしつつじ/岸躑躅

Kishi tsutsuji tree

岸躑躅,きしつつじ,特徴
西日本の限られた地域に分布する
岸躑躅,蕾
ツボミの様子
キシツツジ,きしつつじ,特徴
キシツツジの花
キシツツジ,きしつつじ
樹高は1mほどにとどまる
岸つつじ,特徴
キシツツジの葉
きしつつじ,特徴
葉の裏や葉柄には毛がびっしり
きしつつじ,キシツツジ,岸躑躅
半常緑性であり、葉の一部は冬季に落葉する
岸躑躅 黄葉 紅葉
紅葉の様子

【キシツツジとは】

・兵庫県以西の本州、中国、四国及び九州北部の一部地域に分布するツツジの仲間。西日本を代表するツツジであり、庭木や切花にも多用される。名前のとおり渓谷の岩場や川岸に見られ、水の流れに沿って群生していることが多い。

 

・キシツツジの開花は4月~5月で、枝先に2~3輪ずつ咲く。花は直径4~5センチほどの漏斗型で淡い紅紫色。花先は細く五つに裂けて内側に微毛があり、上側の裂片には濃い紅紫色の斑点があるのが大きな特徴。雌しべ1本と雄しべ10本があり、萼も五つに裂ける。

 

・雌しべの基部にある子房は剛毛で覆われ、花の後にできる乾いた果実も褐色の毛に覆われ、萼片に包まれている。

 

・自生種は変異が多く、ヤマツツジやモチツツジとの自然交配種も見られる。庭木として古くから栽培されるが変異の多い性質を利用し、本種を片親とした多くの園芸品種が作り出されている。

 

・キシツツジの葉は長さ2~6センチの細長い楕円形。両端は尖り、両面に細かな毛がある。葉は枝先に集まるが、枝から互い違いに出ており、柄や若い枝、萼や花柄には毛が密生する。枝葉や花に触れるとネバネバするのも本種の大きな特徴。

 

【キシツツジの育て方のポイント】

・川が増水した際に水をかぶるような場所にも生えており、かなりの湿地を好む。乾燥が激しい場所では生育が不良となる。

 

・半日陰に耐えるが、日向に植えた方が花数が多くなる。

 

・半常緑性であり、霜が降りるような地域では、冬季に葉の一部を落とす。

 

【キシツツジの品種】

・「京鹿の子」「若鷺」など多数 

きしつつじの品種
京鹿の子

 

【キシツツジに似ている木】 

モチツツジに似るが、葉がより細い。また、雄しべの数が異なる(モチツツジは5本、キシツツジは10本)

キシツツジとモチツツジ
モチツツジ(花車)

キシツツジの基本データ

 

【分類】ツツジ科/ツツジ属

     常緑(半常緑)広葉/低木

【漢字】岸躑躅(きしつつじ)

【別名】イワツツジ/イソツツジ

    カワラツツジ

【学名】Rhododendron ripense

【英名】Kishi tsutsuji tree

【成長】普通

【移植】簡単

【高さ】0.5m~1.5m

【用途】公園/花木/花材

【値段】1000円~