庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ヤブラン

ヤブラン(藪蘭)

Lily turf 

ヤブラン,草
花言葉は「忍耐」「謙虚」など 意外に背丈は大きくなる
藪欄,山野草
ヤブランの花

【ヤブランとは】

・本州、四国及び九州に分布する常緑性の多年草で、日本のほか中国にも自生する。林の中など湿気のある半日陰地を好んで生じるため、庭においては寄せ植えのほか、高木の下など日陰になる場所のグランドカバーとして使われる。

 

・藪に咲き、蘭のような花を咲かせることから命名されたが、店頭では「サマームスカリ」や「リリオペ」といった横文字で売られていることが多い。

 

・葉はリュウノヒゲと同じように根元から生じるが、より短く、より幅が狭い。表面は深緑色で光沢があるため、暗い場所でも陽光を受ければ明るく見えるのが特徴。

 

・花期は夏~秋で、葉と葉の間から伸びた「花茎」の先端に明るい薄紫色の小花をたくさん咲かせる。花には画像のように6枚の花弁があり、中央にある蕊は黄色い。花は下から順に咲くが朝夕には萎む。花の後には黒くて丸い実ができる。

 

・根は太くて短く、ところどころで肥大する。この肥大した部分は「大葉麦門冬(だいようばくもんとう)」と呼び、漢方薬としてリュウノヒゲの代用とされる。

 

【開花時期】

・7月~9月

 

【花の色】

・紫色を帯びることも)

 

【背丈】

・30cm~50cm

 

【品種】

・シロバナヤブラン

 文字どおり、白い花が咲く品種

 

・オキナヤブラン、コガネヤブラン

 葉に白または黄色の模様が入る斑入りの品種

 

・ヒメヤブラン

 高さが20センチ以下にとどまり、葉の幅もヤブランより狭い。下草としてより使い勝手が良いものの、日陰にはやや弱い。花は基本的に薄紫色だが、白花が混じることが多い。

 

・リュウキュウヤブラン

 関西以西の暖地に自生する品種でヤブランよりも性質は丈夫であり、砂地やかなりの日陰にも耐える。