庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > フタリシズカ

フタリシズカ/ふたりしずか/二人静

Hutari-shizuka

ふたりしずか,花
咲いているようには見えないが満開
フタリジスカ,特徴,ふたりしずか
若葉と蕾(中央左)の様子
ふたりしずか,植物
日陰地に群生することが多い
野草,二人静
咲き始めの様子
二人静,ふたりしずかの花
花穂は2本以上あることが多い
早乙女草
葉の裏面の様子
ふたりしずか,果実
実の様子
さおとめぐさ
草丈は最大50センチほど
ふたりしずか,山野草
茎の様子
紅葉,こうよう
晩夏以降は黄葉し、地上部は消え去る

【フタリシズカとは】

・日本及び中国を原産とするセンリョウ科の多年草。北海道から九州の低地や山林の日陰地に分布するが、優し気な草姿と意味深な名前により、茶華としても好まれる。

 

・フタリシズカという名前の由来はヒトリシズカ同様、源義経の愛妻「静御前」とその幽霊の舞う様子を描いた謡曲「二人静」にある。ヒトリシズカの花穂は1本だが、本種の花穂は2本(あるいはそれ以上)あるためフタリシズカと名付けられた。別名は「早乙女花」など。

 

・節のある茎から対になって生じる葉は、長さ5~15センチほどで、ヒトリシズカのような光沢はない。楕円形で先端が尖り、縁にギザギザが目立つ。普通は茎の上方に4枚が集まって生じるように見え、それ以下の葉は小さな鱗状で判別しづらい。

 

・花期は4~6月で、葉が大きく開いてからのこと。茎の先端に2~3本あるいはそれ以上の花穂を生じる。花穂は長さ5センチ程度ありヒトリシズカのそれよりも長い。米粒のような丸い小花は3個の雄しべが球形に合体したもの。この内側に葯や子房がある。

 

・ヒトリシズカは葉が詰まっているため、車輪状に生じるように見えるが、フタリシズカは節間が離れており、車輪状には見えない。また、草丈はヒトリシズカよりも大きい。

 

・夏になると茎の下の方から果穂のようなものが生じるが、これは開花しない「閉鎖花」と呼ばれるもので、蕾のような状態から緑色の実に変わる。

 

【フタリシズカの品種】

・斑入りフタリシズカ

 葉に白い模様が入る品種

二人静,品種,ふたりしずか
斑入りフタリシズカ

フタリシズカの基本データ

 

【分 類】センリョウ科/チャラン属

     多年草 

【漢 字】二人静(ふたりしずか)

【別 名】サオトメバナ(早乙女花)

【学 名】Chloranthus serratus

【英 名】

【開花期】4~5月

【花の色】

【草 丈】~50cm