庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > フジカンゾウ

フジカンゾウ/ふじかんぞう/藤甘草

Fuji-kannzou

ヌスビトハギみたいな草花
花言葉「背伸びした恋」のとおり随分と背伸びして咲く
ヌスビトノアシ,花
開花は8~9月 フジの花に似るがかなり小さい
ふじかんぞう,種子
果実(節果)はサングラスのような形に
藤草,特徴
草丈は50~120センチ
葉っぱ
葉は羽根状
藤甘草,葉っぱ
裏面の様子
ふじかんぞう,野草
茎には細かな毛がある

【フジカンゾウとは】

・本州、四国及び九州に分布するマメ科の多年草。低山や平地の明るい場所を好んで育つ。花がフジに、葉がカンゾウ(甘草)に似るとしてフジカンゾウと名付けられた。別名はフジクサ(藤草)など。

 

・開花は8~9月で、長く伸びた花茎の先に淡い紅色をした小さな花を咲かせる。花茎があまりに長いため、頂部は傾くことが多い。

 

・9月頃にできる果実はヌスビトハギに似ており、これと同様に泥棒の足跡になぞらえた「ヌスビトノアシ(盗人足)」という別名がある。双方を比べてみるとフジカンゾウの果実の方が一回り大きい。

 

・果実は全面に短い鈎毛があり、これを使って他物に付着して拡散される。いわゆる「ヒッツキムシ」の一つである。

 

・葉は5~7枚の小葉が集まって羽根状になり、茎から互い違いに生じる。小葉は長さ8~15センチ、幅3~5センチほどの楕円形で、先端は尖る。

 

・学名はDesmodium oldhamii Oliverで、江戸時代末期にイギリス人のR.Oldhamが初めて本種を採集したことにちなむ。Desmodiumは鎖や帯を意味し、果実の形に由来する。

 

【開花時期】

・8~9月

 

【花の色】

・淡い紅色

 

【背丈】

・50~120cm

 

【フジカンゾウに似ている草花】

ヌスビトハギ