庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ヒトリシズカ

ヒトリシズカ/ひとりしずか/一人静

Hitori-sizuka

一人静,野草
ヒトリシズカの花
ひとりしずか,草
葉の様子(秋期)

【ヒトリシズカとは】

・センリョウ科の多年草で、早春に咲く風変わりな白い花を観賞するため、庭園等に植栽される。自生は明るい山林の湿地に群生することが多い。源義経が頼朝に追われてさまよった時、眼前に静御前が現れたというエピソードにちなんでヒトリシズカと命名された。別名は眉掃草(マユハキソウ)、ヨシノシズカ(吉野静)など。

 

・開花は4~5月。若葉が展開しきる前に花茎が1本だけ地面を押し上げるように伸び、その先に小さな花が多数集まってブラシのようになる。花が目立つのは始めのうちだけであり、競い合うように展開する葉に覆われて目立たなくなりやすい。

 

・花は同科のセンリョウと同じように花弁もガクもない。白い糸のようなものが雄しべで、雌しべはその根元にある。晩春になると上向きだった花が垂れ下がり、種子ができる。

 

・茎は高さ25センチほどで、葉は2枚ずつ対になって生じるが、間隔が狭いため4枚の葉が車輪状にまとまっているように見える。葉は長さ3センチほどの楕円形で先端が尖り、縁には粗いギザギザがある。若葉は濃い紅色だが、成葉では濃緑となって表面には光沢がある。

 

【開花時期】

・4~5月

 

【花の色】

・白

 

【背丈】

・~25cm

 

【ヒトリシズカに似ている花】

フタリシズカ

 ヒトリシズカよりも背丈や葉が大きく、葉の間隔も大きい。

 

・チャラン

 中国南部原産の常緑低木で、黄色い花が咲く。江戸時代には数多く見られたが、近年は陰を潜めている。