ハス/はす/蓮

Lotus

蓮の花,画像
ハスの花は仏教との縁起が多い
レンコンの花
花は朝に開いて夕方に閉じることを繰り返す
蓮の花
花の中央にはレモンの輪切りのようなものが乗る
蓮の実
花の後(果実)の様子
はす,果実,種子
蓮池の端には熟した果実が滞留する
ロータス効果
葉の表面は水をはじき、底部に水が貯まる
雀と蓮
これを飲みにスズメが集まる
不忍池の蓮
葉の裏面の様子(上野/不忍池)

【ハスとは】

・中国、インドあるいはエジプトを原産とする多年性の水草で、日本でも古事記に登場するほど古くから観賞用として池や沼に植栽される。花弁の色形や数、大きさなどによって多くの園芸品種に分類されるが、レンコン(蓮根)として地下茎を食用するのは明治初期に中国から導入された一部の品種であることが多い。

 

・寺社や仏閣の庭園に植栽されたり、仏花に用いられたりするのは、誕生直後のお釈迦様がハスの花の中に立ち、「天上天下唯我独尊」と述べたというエピソードにちなむ。また、泥の中にあっても綺麗な花を咲かせるという性質も、人の生きざまになぞらえて好まれる。

 

・ハスの開花は7~8月頃で、水の上まで伸びた花茎に、直径10~25センチにもなる大きな花を咲かせる。花弁は多数あり、花の裏側にある「萼(がく)」よりもはるかに大きい点が、似たようなイメージを持つスイレンとは異なる。ちなみに、中華料理を食べる際に使うレンゲ(蓮華)は、その形がハスの花(一枚の花弁)に似ることによる。

 

・花色は紅色、淡い黄色、白などで品種によって微妙に異なる。一輪当たりの花期は4日間で その間に開閉を繰り返す。古い時代の中国ではハスをフヨウと呼び、日本ではレンゲ(蓮華)と呼んだ。

 

・花の後にできる果実はハチの巣のような形で、蜂巣が転じてハスと呼ばれるようになったという。台湾には皮を剥いて砂糖漬けにした菓子があり、漢方では蓮芯あるいは石連子(せきれんし)と呼んで血管の拡張に用いる。食用になるのは胚乳の部分であり、胚芽はアルカロイドを含むため苦味がある。種子の寿命はとても長く、1951年に2000年前の種子を発芽させた「大賀ハス」は世界を震撼させた。

 

・葉は地下茎から生じ、長い柄を立てて、大きな傘状に広がる。葉柄は秋に葉が茶変して枯れた後も水中に立つほど丈夫であり、この繊維からなる蓮糸を使って、上質な衣服を作ることができる。

 

・ハスの漢字表記は「蓮」だが、これはソーセージのようにくびれた節で連なる地下茎の様子にちなむ。地下茎は伸びるにつれて太くなり、地中深くに潜りこむ。

 

【開花時期】

・7月~8月

 

【花の色】

・紅色、白、クリーム色など

 

【背丈】

・50~150cm