庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > フウチソウ

フウチソウ/ふうちそう/風知草

Hakone grass

ふうちそう,画像
風になびき、風を知らせるフウチソウ
うらはぐさ
花壇に地植えした様子
Hakone grass
蕾ができた頃の様子
風知草の花
開花期の様子
Hakone grass,flower
咲き始めは真っ白
ふうちそう,はな
咲き進むと紫が優位になる
黄葉,紅葉
晩秋以降は葉が黄変する
風知草,実,種子
果実の様子

【フウチソウとは】

・関東西部~近畿地方の太平洋側に分布するイネ科ウラハグサ属の多年草。山地の斜面や岩場に自生する日本の特産種で、箱根付近に特に多い。ウラハグサ属の植物は本種のみで一属一種とされる。

 

・風知草という優雅な名前は、葉が僅かな風にも反応して揺れることに由来し、風を知らせてくれる草、あるいは台風の接近を告げる草として名付けられた。「風草(カゼクサ)」という別名もある。

 

・鮮やかな緑の葉が風になびく様が涼し気なこと、耐寒性や耐暑性が高くて育て方が簡単なことから、夏に涼感を演出する植物として人気が高く、盆栽、鉢植え、花壇に使われる。

 

・一見すると普通の葉に見えるが、葉は付け根付近で捩れており、白っぽい表面が裏に、光沢のある裏面が表に見えるため、ウラハグサ(裏葉草)という別名がある。

 

・開花は夏~秋で円錐状の花序(花の集り)に長さ1センチほどの花穂が5~6個ずつ垂れ下がり、淡い紫を帯びた小花が咲く。ススキジュズダマ、イネの花のように地味で、肉眼では観察しにくいが、複雑な構造を持っており面白い。「未来」や「未来を想う」といった花言葉もある。

 

・茎は地際から多数生じ、こんもりとした株になる。葉は薄く、長さ15センチほどの線形で先端が尖る。晩秋以降は黄変し、地上部が枯れた状態で越冬する。

 

【フウチソウの開花時期】

・8~10月

 

【花の色】

・白、淡い紫

 

【草丈】

・20~50m

 

【フウチソウの品種】

・キンウラハグサ

 黄色い葉に淡い緑色の模様が入る品種。明るい雰囲気を持つため市場での流通が最も多い。

 

・ベニフウチソウ

 葉の先端が紫を帯びた紅色になる品種。天然の個体数は少なく、珍重される。

 

【フウチソウに似た草花】

 セキショウ  ヤブラン