庭木図鑑 植木ペディア > ダンコウバイ

ダンコウバイ/だんこうばい/壇香梅

Japanese spicebush

壇香梅,花,画像
花言葉は「永遠にあなたのもの」
ダンコウバイの冬芽
冬芽の様子(葉芽と花芽)
だんこうばい,花木
ダンコウバイの花
壇香梅,樹木
開花と共に葉芽が育ち・・・
ダンコウバイ,アブラチャン,サンシュユ
葉芽が育つにつれて、花はしぼむ
Japanese spicebush
新葉の様子
Japanese spicebush,leaves
新葉は赤みを帯びることが多い
うこんばな,樹木,だんこうばい
三つに裂ける葉とハート型の葉がある
ウコンバナ,葉っぱ
葉の裏面の様子
ダンコウバイの木
できはじめの実の様子
ダンコウバイ,だんこうばい,実,種子
実の色は赤から黒に変わる
ダンコウバイ,紅葉,黄葉,画像
条件が良ければきれい黄葉するが・・・
だんこうばい 樹木
こんな感じに朽ちることも多い
ウコン花,幹,だんこうばい
ダンコウバイの樹皮

 

【ダンコウバイとは】

・日本全国の山地に野生する落葉低木。枝を折ると香りがあり、クロモジと同様に枝が楊枝の材料になることで知られる樹木。日本のほか中国や朝鮮半島にも分布する。

 

・早春になると葉に先立って微香のある黄色い花を咲かせる。花はシロモジサンシュユに似るが開花はサンシュユに比べるとやや遅い。

 

・繊細な花の様子とは裏腹に葉は直径10センチ程度と大型で、浅く三つに裂け、裏側には毛が多い。透き通るような秋の黄葉が美しい。

 

・秋に熟す実は直径8ミリ程度で赤から黒へと変化する。実はアブラチャンと同じように油分が多く、かつては「冬柏油」と呼んで整髪に使われた。

 

・「壇香梅」は元来、ロウバイの一種であるトウロウバイを示したが、本種に転用されるようになった。

 

【育て方のポイント】

・関東以西の本州から九州まで植栽できる

 

・自生地は日向の傾斜地や山地の水辺が多いが、日陰にも強い。

 

・雌雄異株であり、雌の花はあまり目立たない。

 

・枝がまばらであり、元来は庭園に使うような木ではないが、花と黄葉の美しさに価値があるとして使われるようになった。しっかりと剪定して管理するよりは自然な枝振りを鑑賞したい。

 

【ダンコウバイの品種】

・アルバダンコウバイ~朝鮮半島に分布する変種で、葉が裂けない。

 

【似ている木】

アブラチャン~同じように雑木の庭に使われることが多い木だが、アブラチャンは若い枝が赤褐色を帯びるため見分けられる。

ダンコウバイに似た花
シロモジ
ダンコウバイに似た花
アブラチャン

サンシュユ
サンシュユ
ダンコウバイに似ている花
クロモジ

ダンコウバイの基本データ

 

【分類】クスノキ科/クロモジ属

    落葉広葉/低木

【学名】Lindera obtusiloba Blume

【別名】ウコンバナ/シロジシャ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】2m~7m

【用途】花木/公園/切花

【値段】000円~