庭木図鑑 植木ペディア > シロヤシオ

シロヤシオ/しろやしお/白八汐

Shiro-yashio tree

ゴヨウツツジ,シロヤシオツツジ,開花時期
5~6月に咲く花には花弁に緑の点があるのが特徴
しろやしお,やしおつつじ
冬芽の様子
シロヤシオ,ゴヨウツツジ,葉っぱ
新葉の様子(5月上旬)
白八汐躑躅,しろやしお,木
葉が5枚なのでゴヨウツツジという別名もある
白八汐躑躅
裏面の様子
ごようつつじ,特徴
葉は互いに重ならないよう広がって生じる
しろやしお,ごようつつじ
開花期の様子
ツツジの種類,しろやしお,白い花
開花期の様子
シロヤシオの木,画像
樹高は5m以上にもなる
ゴヨウツツジ,シロヤシオ
内部はこんな感じ
シロヤシオ,紅葉,黄葉,しろやしお
秋には黄葉または紅葉する
ヤシオツツジの紅葉,やしおつつじ
寒冷地ではより綺麗に
ゴヨウツツジ,葉っぱ
紅葉の様子
シロヤシオ,実,しろやしお
紅葉と共に実がなっていることも
シロヤシオ,幹,剥離
「松肌」と呼ばれる樹皮の様子

【シロヤシオとは】

・岩手県以南の太平洋側を中心とする本州及び四国に見られる落葉性のツツジ。自生は山地の岩場や林内に多く、栃木県の那須高原が名所として知られる。

 

・「ヤシオ」の語源は「八入」で、布を繰り返し染料に浸して色付けする作業をいう。シロヤシオの花は白色だが、花の様子がアカヤシオに似るため、アカヤシオに対してシロヤシオと名付けられた。

 

・シロヤシオの開花は5~6月。花は直径4センチほどで、葉の展開とほぼ同時に枝先に1~3輪が咲く。花は漏斗型で先端は深く五つに裂け、画像では判別しにくいが、花びらに緑色の斑点があるのが特徴。その清楚な佇まいから、愛子内親王(アイコさま)の御印として指定されている。

 

・雌雄同株で1本の雌しべ(花柱)を囲むように10本の雄しべがある。花の後には乾いた果実ができ、9~10月に褐色に熟すと自然に裂ける。

 

・枝先に5枚の葉が車輪状に並ぶため、別名をゴヨウツツジという。新緑や紅葉の美しさも魅力の一つで、特に山地に自生する株の紅葉は美しい。葉は菱形に近い三角形で長さは2~6センチ。細かな毛が密生する。

 

・画像のように、成長に伴って樹皮が細かく割れる性質を持つ。その姿から「マツハダ(=松肌)」との別名があるが、むしろサンシュユに近い。特に老木の樹皮の様子は、アカヤシオとまったく異なる。

 

【シロヤシオの育て方のポイント】

・土質は選ばないが、有機質に富む肥沃な土であればより良い。

 

・日向を好むが、日陰でも育つ。ただし、花付きは良くない。

 

自然樹形を楽しむ木であり、剪定によって形を作るのは難しい。不要な枝は株元で切除すると美観を損ねない。

 

・他のツツジ類のように挿し木で育てることができず、繁殖は実生による。

 

【シロヤシオに似た木】

アカヤシオ

・ムラサキヤシオツツジ

シロヤシオの基本データ

 

【分類】ツツジ科/ツツジ属

     落葉広葉/低木~高木

【漢字】白八汐(しろやしお)

【別名】ゴヨウツツジ(五葉躑躅)

    マツハダ

【学名】Rhododendron

    quinquefolium 

【英名】Shiro-yashio tree

【成長】普通

【移植】簡単

【高さ】3m~7m

【用途】公園/雑木の庭/鉢植え

【値段】1800円~