庭木図鑑 植木ペディア > シモツケ

シモツケ/しもつけ/下野

Japanese spirea

シモツケ 開花時期
花期は6~8月で、暑さの中、長期間にわたって咲く
しもつけ,植物,新芽
芽出しは紅くなることも
植木,下野
シモツケの新葉
下野,植物,葉
葉には短い柄があって、枝から互い違いに生じる(成葉)
シモツケ,しもつけ,木,特徴
新葉と蕾の様子
下野,植木,画像
背丈は大きくならず、株立ち状に群生する
下野の花
花は小さな花の集合体
しもつけ,花,赤紫
紫に近い花や
白い花の下野
白い花が咲く品種もある
Japanese spirea
未熟な果実の様子
しもつけ,実
紅葉する頃に、熟し始める
Japanese spirea,seed
シモツケの果実
shimotuke flower
黄葉の様子
シモツケ,紅葉,黄葉,しもつけ
環境や個体によって様々に紅葉する
ふゆのしもつけ
冬季の様子 果実の殻は長い間、枝に残る 

【シモツケとは】

・本州、四国及び九州に分布するバラ科の落葉低木。日当たりのよい山地の草原や岩場に自生するが、他に花の少ない夏季に長く咲き続けるため、観賞目的で庭木として栽培されることも多い。日本以外の東アジアにも見られ、中国名は「繍線菊」という。

 

・下野(しもつけ)の国(現在の栃木県)に自生が多かった、あるいは最初に同地で発見されたことから、シモツケと命名されたとされる。ただし、これには疑義もあり、花穂に霜が降りたように見えるため「霜付け」となったという説もある

 

・シモツケの開花は5~8月。直径3~6ミリほどの小花100個以上が、小枝の先でブーケ状に集まって咲く。花色は淡い紅色、薄紫、白など。花弁は5枚で雌しべは5個。多数ある雄しべは花弁より遥かに長く、花には微香がある。

 

・花の後には袋状の乾いた果実ができ、9~10月に熟すと自然に裂ける。直径2~3ミリで表面は無毛で光沢があり、普通、5個単位で生じる。シモツケは結実しやすいが、繁殖は通常、挿し木や株分けによる。 

 

・葉は先端の尖った長楕円形で長さ1~8センチ、幅1~4センチほど。縁には不揃いの鋭いギザギザがあり、葉の表面は緑色で裏面は淡い緑白色になる。

 

・茎は根から群生し、樹形は株立ちとなる。枝は濃い褐色で普通は無毛だが、時折細かな毛がある。背丈が大きくならないため、庭園では他の中高木の根元に植える「根締め」としての利用が多い。 

 

 

・同じバラ科のシモツケソウと区別するため、本種をキシモツケ(木下野)、シモツケソウをクサシモツケ(草下野)と呼んで区別することがある。

 

【シモツケの育て方のポイント】

・茶花に使われるなど和風庭園では定番だが、シモツケの花には洋風の雰囲気があり、和洋問わず様々な形式の庭に使うことができる。

 

日向の乾燥地を好むが半日陰でも育つ。まったくの日陰では生育が悪く、花が咲きにくい。

 

・自生は蛇紋岩や石灰岩地帯の櫟地が多く、土質を選ばずに育つ。

 

・成長は早いが樹高は1m以下にとどまり、樹形も自然に丸くなるため剪定の手間はあまりかからない。刈り込みにも耐えるが、花は新枝の先端に咲くため、春以降に剪定すると花が咲かない。

 

・稀にウドン粉病の被害に遭うこともあるが、基本的には病害虫に強く、潮風や乾燥にも耐える。

 

・冬季に落葉するのが普通だが、生育環境によっては葉を落とさないことがある。

 

【シモツケに似ている木】

 チンシバイ  ホザキナナカマド

 イワシモツケ ユキヤナギ コデマリ

 

【シモツケの品種】

 シロバナシモツケ(会津シモツケ)、コシモツケ、ゴールドフレーム、ホワイトゴールドなど、園芸品種や変種がきわめて多い。

白い花のシモツケ
白花は福島県の会津で発見されたため、アイヅシモツケと呼ばれる
息吹下野 花
イブキシモツケは西日本に多い
岩しもつけ
イワシモツケは岩場に根を張る
シモツケ 種類
葉が黄色い「ゴールドマウンド」などの園芸品種も多い

シモツケの基本データ

 

【分類】バラ科/シモツケ属

       落葉広葉/低木

【漢字】下野/下毛/繍線菊

【別名】キシモツケ/キシモッケ

【学名】Spiraea japonica 

【英名】Japanese spirea

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】0.2m~1.5m

【用途】庭木/公園/鉢植え/盆栽

    グランドカバー/切花

【値段】500円~