庭木図鑑 植木ペディア > サワフタギ

サワフタギ(沢蓋木)

sapphire-berry

サワフタギ 青い実
青い実の美しさは圧倒的だが、風や虫の害を受けやすい
さわふたぎ 樹木
冬芽はあまり特徴がない
サワフタギ 新芽
新緑の様子
さわふたぎの葉っぱ
葉は触るとザラザラする
サワフタギ 木 語源
沢をふたぐほどに枝葉は生い茂るものの・・・
サワフタギ 害虫
葉はシロシタホタルガの餌食になりやすい
サワフタギ 花 画像
蕾の様子
サワフタギ 開花時期
花は5~6月に咲く
サワフタギの花 時期
雄しべの多い、小さな花が集合している
sapphire-berry,fruits
実がなるのは9月~11月
sapphire-berry,tree
サワフタギの樹皮

【サワフタギとは】

・日本、中国及び朝鮮半島を原産とするハイノキの仲間。日本の野山には珍しい青(藍色)い実をつける木として知られる。

 

・明るめの水辺や林で、枝いっぱいに葉を茂らせる。「沢蓋木」という名前は、沢を塞ぐほど繁茂することに由来する。

 

・5月上旬にハイノキと同じような白い花を咲かせる。個体によっては白に薄い青が混ざるものもある。

 

・9月から11月にかけて光沢のある藍色の実をつける。別名「瑠璃実の牛殺し」であるが、小動物が好んで食べる。直径は7ミリ程度。ちなみにウシコロシはカマツカ(バラ科)の別名であり、こちらは昭美をつける。

 

・ハイノキと同様に灰汁は染料(紫)に使われる。また、材が硬いため、ツゲの代用として器具や細工物に使われる。 

 

【育て方のポイント】

・基本的には丈夫で土質を選ばずに育つ。

・成長は遅いものの、芽を出す力はあり、剪定に耐える。株立ち状になり、放置すると幹や枝の数が多くなるため、剪定によって形を整える必要がある。

・リュウノヒゲのような実は観賞価値があるものの、あまり多くは実らないのが普通。

 

【品種】

・シロミノサワフタギ

 本州を原産とする実が白いタイプ

・タイワンサワフタギ

 中国南部に自生し、木全体に毛が多い。

・タンナサワフタギ

 耽羅(現在の済州島)で発見されたもの。葉の縁がギザギザしていること、実がサワフタギに比べてやや黒ずんでいることで見分けられる。 

・斑入りサワフタギ

 葉に模様が入る品種

 

【似ている木】

ハイノキ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

斑入り サワフタギ黄(三光)覆輪(細葉)小上苗
価格:3024円(税込、送料別) (2017/2/5時点)

サワフタギには、葉に模様が入る品種もある

サワフタギの基本データ

 

【分類】ハイノキ科 ハイノキ属

    落葉広葉 低木

【学名】Symplocos sawafutagi Nagam.

【別名】ニシゴリ/ルリミノウシコロシ

【成長】やや遅い

【移植】普通

【高さ】2m~5m

【用途】雑木

【値段】2000円~20000円程度