庭木図鑑 植木ペディア  > シラカシ

シラカシ/しらかし/白樫

Bamboo-leafed oak

樫の種類,白樫,しらかし
シラカシは、関東の町中で最も普通に見られる木の一つ
樫の木,種類
冬芽の様子
Bamboo-leafed oak
新芽が出るのはアラカシよりも遅い
しらかし,若葉
新葉は赤くなること
シラカシの葉っぱ
成葉は細長く、光沢があって硬い。竹に似るのが英名の由来
白樫1,植物
裏面の様子
しらかし,樹形
放任すれば樹高は20mほどになり、葉は鬱蒼と生い茂る
シラカシ,剪定,例,しらかし
土地の限られた場所ではこんな感じに剪定されることが多い
白樫 垣根 画像
関東地方の農村では今もこうしたシラカシの垣根が見られる
くろがし,剪定例
背丈は大きくなりがち
白樫の花,画像
剪定しなければ雌雄の花が咲く 雄花はクリやクヌギのように垂れ下がる 
sirakasi ,画像,図鑑,しらかし
近付いてじっくり観察すると美しい
シラカシの花,しらかし
雌花は長い軸を持ち、屹立する 
シラカシの実 どんぐり
雌花から変化したドングリは夏の終わりにでき始め、年内に熟す
しらかしの実
未熟なシラカシのドングリ
シラカシの木,特徴,しらかし
直径は1.5~2センチほど
シラカシ,ドングリ
ドングリの帽子に6~8本の横筋が入るのが特徴
白樫の苗
ドングリは暗い藪の中でも発芽する
巨樹,シラカシ,しらかし
大木となったシラカシ
黒樫,樹木図鑑
シラカシは材が白く、樹皮が白いわけではない
シラカシ,しらかし,根張り
巨木の根元ではこのようになることも

【シラカシとは】

・福島県及び新潟県以西の本州や四国、九州に分布するブナ科の常緑高木。関東地方や中部地方では低山や平野部に多く、西日本では川沿いを中心に生じる。東日本で単にカシの木という場合は本種を示し、関西ではアラカシ、四国や九州ではアカガシを示すことが多い。日本以外でも中国や朝鮮半島に見られる。

 

ドングリがなる木の一つであり、ドングリがカケスやネズミなどの野生動物に運ばれることで自然に増える。寺社近辺のいわゆる鎮守の森はもとより、ちょっとした林地でも普通に見掛け、思わぬところに生える「野良カシ」もある。

 

・ドングリ以外に大きな特徴はなく、平凡な木という印象だが、カシ類の中では耐寒性が強く、大木でも移植できるため庭造りには何かと重宝される。価格も安くて入手しやすい。

 

・かつては防風樹として農家の垣根などに使われることが多かった。高さのわりに幹が太くならず、狭いスペースでも圧迫感がないことや、火に比較的強いのが利点。とはいえ樹齢を重ねれば画像のような大木になる。

 

・シラカシの葉は枝から互い違いに生じるが、形状は個体差が大きい。別名ホソバガシのとおり普通は幅が狭くて先端の尖った楕円形で、長さ4~15センチ、幅3センチ前後になるのが普通。やや厚くて表面には光沢があり、縁にはあまり目立たないものの緩やかなギザギザがある。裏面はウラジロガシほど白くはないが、白みを帯びた緑色になる。

 

・シラカシは雌雄同株で、4月~5月になると画像のように雌雄それぞれの花が咲く。雄花は葉の脇から生じた長さ5~15センチの花穂に集まり、クリの花のように垂れ下がる。雌花はその年に伸びた葉の脇にできる。ただし都市部では頻繁かつ極端に剪定されるため花や実を見るのが難しい。

 

・風によって受粉が図られ、開花した年の秋に直径1.5~2センチほどのドングリができる。縄文時代はこれを食用にしたが、タンニンの濃度が高くて渋味があり、そのままでは食べられない。  

 

・伐採直後の材がアカガシと比べて白いこと、葉の裏面が白っぽいことなどから「白樫」と呼ばれる。別名のクロガシは樹皮が黒っぽいことに由来する。「カシ」の語源には諸説あるが、材が硬い「堅し木」が転訛したとする説が有力とされる。

 

・学名Quercus myrsinaefoliaは「良質な材木」を意味し、イスノキやアカガシと並んで国内有数の硬さと重さを誇る。弾力と耐湿性もあり、建築材、船舶材、船の櫓(ろ)、農具や槍の柄、カンナの台、木刀や楽器等に利用される。

 

【シラカシの育て方のポイント】

・風通しが悪く湿気の多い場所では稀にウドン粉病に罹患するが、基本的には病害虫に強く、育てやすい。

 

・稚樹の段階では日陰を好み、相当の日陰にも耐えるが、成長すると日向を好む。概して日陰に耐える。

 

・成長が早く、放任すると枝葉が繁茂し、長楕円形の樹形になる。刈り込みに強く、比較的自由に高さを調整できる。 

 

・放任すると上部ばかりが成長し、下枝がなくなる。美観を維持するにはマメに剪定する必要がある。根元から伐採しても再生するほど芽を出す力は強く、真冬や真夏でなければ剪定で失敗する可能性は低い。ただし、剪定を繰り返すと花やドングリはならない。

 

・寒さに強いとはいえ、宮城県以北では冬の寒風で葉が白化するなどして見苦しくなることがある。福島以外の東北地方、北海道には不向き。

 

【シラカシに似ている木】

 アラカシ アカガシ ウラジロガシ

 ツクバネガシ イチイガシ 

 どんぐりのなる木

 

【アラカシとシラカシの見分け方】

・関西地方に多いアラカシと比べるとシラカシの葉は細長くて薄く、色も薄い。また、アラカシは葉の先端付近のみにギザギザ(鋸歯)があるのに対して、シラカシは葉の縁すべてが細かにギザギザしている。(下部の写真参照) 

・シラカシの実はアラカシに比べると細長くて小ぶりな物が多い。 

シラカシとアラカシの違い
アラカシの葉っぱ
樫の見分け方
アラカシのドングリ

シラカシの基本データ

 

【分類】ブナ科/コナラ属

    常緑広葉/高木

【漢字】白樫(しらかし)     

【別名】クロガシ/ホソバガシ

    カシ/ナラバガシ

【学名】Quercus myrsinifolia 

【英名】Bamboo-leafed oak

【成長】早い

【移植】簡単(大木はやや困難) 

【高さ】10m~20m

【用途】垣根/街路樹/公園樹

【値段】500円~