庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > トクサ

トクサ/とくさ/木賊

Scouring rush

トクサ,画像
古くからの日本庭園に多い
木賊,画像
名前は分からなくてもその姿を知る人は多いはず
トクサ,特徴
節のところでプチプチと切れる
木賊,ツクシみたいな
花は咲かないが、夏になるとツクシのような胞子嚢ができる
とくさ,葉っぱ
黒いのがトクサの葉が朽ちかけたもの
木賊,草
乾燥すると黄色っぽくなり、個体によっては赤味を帯びるものも

【トクサとは】

・北海道や中部地方以北の本州など、冷涼な山間に自生するシダの仲間。谷川などの湿地に多いため、庭園においては水辺の景色を作る下草として植栽される。和風の印象が強いトクサだが、日本に限らず北半球北部に広く分布する。

 

・地下茎から真っすぐに伸びる茎は太さ6ミリほどの濃緑色で、枝分かれはない。茎は中空だが、高さは1mにもなる。茎の表面には60本近い溝が縦に走り、表面はザラつき、これが砥石代わりになるため「砥草」と命名された。

 

・トクサには葉らしい葉はないが、よく観察すると黒い節のところに退化した鞘状の葉がある。本来は節を囲むようにあるが、枯れ落ちやすく、たいていその数は少ない。茎は乾燥すると黄色くなるが、黒い節とのコントラストをいかし、生け花ではあえて乾燥したトクサを使うこともある。

 

・1年中、変化のないように見えるトクサだが、6~8月頃になると茎の先端に胞子を出す「胞子嚢穂(ほうしのうすい)」が出現する。長さ1センチほどの楕円形で緑色から黄色に変わるが、観賞価値はない。

 

・トクサが砥石代わりになるのは、草体に多量の珪酸(シリカ)が含まれているため。生のままでも植木ばさみや爪を研ぐことに使えるが、秋に刈り取ったトクサを塩を加えた熱湯で処理した後、日に晒して乾燥させたものは、紙やすりのように柔らかくて使いやすくなり、昔は木や角、骨などを磨くのに用いた。

 

・漢字の木賊は漢方名であるが、茎を煎じたものが痔の出血を鎮めるものとして、また日干しして煎じたものはイボや魚の目に効果があるとされた。

 

・胞子嚢穂の様子はツクシに似るが、トクサは雑草の王様であるスギナ(=ツクシ)の近縁種であり、きちんと管理しないと繁茂しやすい。

 

【開花季節】

・─

 

【花の色など】

・─

 

【背丈】

・60~100cm

 

【トクサの品種】

・キョダイトクサ

 北アメリカを原産とするトクサの仲間。名前のとおり巨大で、人の背丈を超えるほどに育つ。学名はエクイセツム・プレアルツム

背が高いトクサ
キョダイトクサ
大きなトクサ,背が高い
キョダイトクサは胞子嚢も大きい