庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ツリガネニンジン

ツリガネニンジン(釣鐘人参)

青紫色の花が咲く 季節
ツリガネニンジンの花言葉は「感謝」「誠実」など
青い花が咲く山野草 葉っぱ
ツリガネニンジンの葉

【ツリガネニンジンとは】

・日本全国の低地で見られるキキョウ科の多年草。普段は目立たないが夏の終わりから秋の始めに咲く青紫の花は、季節の移ろいを感じさせる。日本のほか、朝鮮半島や中国にも分布する。

 

・清楚な花にはまったくもって人参のイメージがないものの、根っこが漢方で使われる朝鮮ニンジンに似ることから名付けられた。ツリガネはもちろん「釣鐘」で花の様子から。

 

・花の長さは1.5~2センチほど。外に突き出すのが雌しべで、その周りには5本の雄しべがある。

 

・葉は細長く、3~4枚がまとまって車輪状につくのが特徴。若菜は「トトキ」と呼ばれ、昔から山菜として食される。ツリガネニンジンには、サンヨウシャジン、オトメシャジン、ハクサンシャジンなど変種が多く葉の様子が多少異なる。

 

・根は朝鮮ニンジンと同じように漢方で使われ、「沙参」という痰切りの薬になる。

 

【開花季節】

・8~10月

 

【花の色など】

・青紫色

 

【背丈】

・50~100cm

 

【似ている花】

・山道などで見られるソバナは本種の仲間。花の様子や葉の出方が異なる。