庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ラショウモンカズラ

ラショウモンカズラ/らしょうもんかずら

Meehan's mint

はなことば,らしょうもんかずら
花言葉は「幸せを招く」「復習」
らしょうもんかずら,若苗
芽出しの様子
ラショウモンカズラ,似た花
新芽の様子
羅生門葛,植物図鑑
葉は細長いハート型で縁には粗いギザギザがある
ツボミ,つぼみ
蕾の様子
Meehan's mint,flower
花は同じ方向を向いて整然と咲き、よく目立つ
らしょうもんかずら,開花
ラショウモンカズラの花
Meehan's mint
花は唇形で上唇は二つに、下唇は三つに裂け
Meehan's mint,flower
斑紋のある下唇中央はさらに二つに裂ける
青紫の野草
筒状の花と萼が名前の由来
青くて小さな花が咲く植物
花が終わると走出枝が出て蔓状になる
羅生門かずら
草丈は30センチほどに

【ラショウモンカズラとは】

・本州、四国及び九州に分布するシソ科の多年草。やや明るく、多少湿気のある林内や林縁に稀に自生する。4~5月に咲く花は鮮やかな青紫色で、古名を瑠璃蝶草(るりちょうそう)という。日本以外でも中国や朝鮮半島に分布。

 

・花の基部は筒状で、筋肉質の腕を曲げたように見える。これを平安時代の武将「渡辺綱(わたなべのつな)」によって切り殺された、羅生門(羅城門)に住む鬼女の腕に見立てたのが名前の由来。

 

・カズラは「ツル性植物」という意味合い。開花までの茎は直立するが、花が終わると地を這うような茎が横に伸びる「半つる性」の性質を持つ。ツルの長さは最長50センチほど。

 

・花は長さ4~5センチの唇形で、葉の脇から生じた花茎に2~4輪がまとまって階段状に咲く。上唇部分は二つに、下唇部分は三つに裂けるが、下唇の中央はさらに二つに裂け、白地に濃い紫の斑点模様と長い白毛があって美しい。

 

・葉は直径3~5センチの三角状で茎から対になって生じる。上部の葉には柄がほとんどなく、茎を抱くように生じるが、下部の葉には長い柄がある。全体に白い軟毛を生じて柔らかく、心地よい芳香がある。

 

【ラショウモンカズラの品種】

・オチフジ

 近畿地方に分布する近縁種。草丈がより低く、淡い色の花が咲く。全草にカメムシのような不快な匂いがある。

 

【ラショウモンカズラに似た花】

・タツナミソウ

キランンソウ

・ムシャリンドウ

ラショウモンカズラの基本データ

 

【分 類】シソ科/ラショウモンカズラ属

     多年草 

【漢 字】羅生門葛(らしょうもんかずら)

【別 名】瑠璃蝶草(るりちょうそう)

【学 名】Meehania urticifolia

【英 名】Meehan's mint

【開花期】4~5月

【花の色】青紫色

【草 丈】~30cm