庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ヤクシソウ

ヤクシソウ/やくしそう/薬師草

Yakushi-sou

薬師草の花ことば
黄色い花を咲かせるノギクの一つ 花言葉は「にぎやか」
薬師草,葉,特徴
ヤクシソウの葉
黄色い花が咲く草花
裏面は白っぽい
ニガクサ,ニガミグサ,チチクサ,ウサギノチチ,ウマゴヤシ
茎や葉は無毛
チチクサ
野草としては数多くの花を咲かせる(蕾の様子)
やくしそう
草丈は1m以上になる

【ヤクシソウとは】

・北海道から九州まで日本各地に分布するキク科の二年草。日当たりのよい山野の道端などに自生し、花の少ない紅葉期に鮮やかな黄色い花を咲かせる。漢字表記は薬師草、漢名は苦賈菜(くこさい)。

 

・ヤクシソウという名の由来には、薬師堂で発見されたとする説、花が薬師如来の光背に似るとする説など諸説ある。江戸時代には薬用にしたという記録もあり、

 

・開花は9~11月で、秋が深まるにつれてその存在が目立つようになる。花は茎の頂部に伸びた小枝に咲き、直径は1.5センチほど。よく観察すると十数個の「舌状花」が集まってできているのが分かる。

 

・開花時は上向きに咲くが、種子ができ始めると横あるいは下向きになり、やがてタンポポのような白い綿毛(冠毛)のある直径3ミリほどの黒褐色の実ができるる。ただし、ヤクシソウは二年草であり、初めの一年は開花しないばかりか茎の伸長もない。

 

・葉は、株元から出る根生葉と茎から出る茎葉があり、前者は長い柄の先で匙形(さじがた)になり、後者は葉柄のない楕円形で茎から互い違いに生じる。葉の縁は粗いギザギザがあって裏面は白く、基部は茎を包むようになる。根生葉は一年目にのみ見られ、苦味があるものの生で食べることができる。

 

・茎は柔らかだが真っすぐに伸び、草丈は80~120センチほどになる。葉や茎をちぎると苦みのある乳液が飛び出し、これにちなんだ別名、ニガクサ、ニガミグサ、チチクサ、ウサギノチチなどがある。乾燥させた花や花茎には薬効があり、かつては腫物や凍傷の手当てに使った。

 

【ヤクシソウの品種】

・ハナヤクシソウ、ウスイロヤクシソウ

 

【ヤクシソウに似ている草花】

・オニタビラコ

 ヤクシソウによく似た花を咲かせる近縁の一年草。違いは毛の有無で、オニタビラコの茎葉には細かな毛がある。  

 

【開花時期】

・9~11月

 

【花の色】

・黄色

 

【背丈】

・30~120cm