庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ドクダミ

ドクダミ/どくだみ/蕺菜

どくだみ,花,画像
ドクダミの開花は5~7月 花言葉は「白い追憶」など
どくだみ,草
新葉の様子
春の様子
春のドクダミは葉脈や葉の裏が赤紫
どくだみ,草
日向に向かって行儀よく並ぶ
十薬,ツボミ
葉の赤みが抜けると蕾が見られるように
dokudami
ドクダミの花、蕾、葉
雌雄
この部分が本当の花で、雌しべと雄しべからなる
花弁が5枚のドクダミ
たいていのドクダミは白い苞が4枚だが、中には5枚あるラッキードクダミも
ドクダミ茶,爽健美茶,どくだみ
葉を揉むと爽健美茶の香りがする
dokudami
葉の裏面
果実
実の様子
chameleon plant
種子が抜け落ちた果穂
白い花が咲く雑草
晩秋にはこんな感じに朽ちるが・・・
どくだみ.草むしり
繁殖力が高く、その管理は難しい

【ドクダミとは】

・北海道北部を除く日本全国に自生するドクダミ科ドクダミ属(一属一種)の多年草。低山の山裾や谷筋の木陰などに自生する。

 

・草全体に薬効があり、水虫、やけど、にきび、湿疹など日常的な傷病に用いる薬草として一般家庭に植えられ、その名残が町中に残る。日本以外でも中国南部、インドネシアなどの東アジアに広く分布。

 

・ドクダミという名の由来には諸説あるが、毒でも溜まっているかのような特異な香りがあることを意味する「毒溜め」を由来とする説や、薬草として毒にも痛みにも効く「毒痛み」に由来するという説が知られる。

 

・別名は「ジュウヤク(十薬)」や「イシャゴロシ(医者殺し)」、「スイダシグサ(吸出草)で、これらもドクダミが持つ薬効や抗菌作用に由来する。

 

・ドクダミは地下に円柱形の柔らな白い根茎を持ち、これが縦横無尽に広がって大きな群れを作る。加えて後述の種子による繁殖もあるため、わざわざ庭に植えるような代物ではないが、他の庭木の根土などに紛れて意図せず庭へ侵入することが多い。厄介者扱いされがちだが、地下茎を細かく切って水に一晩さらせば、油炒めや煮物に使用できる。

 

・赤紫色を帯びた茎は根から直立し、長さ20~50センチほどになる。葉は茎から互い違いに生じるが、環境によってまばらになる。やや多肉質で先端が尖り、ハート型。新葉の裏面や葉の縁は赤みを帯びる。葉の香りは好みが分かれるが、加熱あるいは乾燥すると消滅するため、ドクダミ茶や天婦羅(新葉のみ)として飲食できる。

 

・ドクダミの開花は5~7月で、同じころに咲くソバと似て非なることから「ジゴクソバ(地獄蕎麦)」という別名がある。花弁のように見える白いものは葉が変形した「苞」であり花弁ではない。本当の花は長さ1~3センチほどの穂状に屹立した薄黄色の部分で、花弁はない。

 

・花は1本の雌シベとそれを取り囲む3本の不完全な雄シベからなる。ドクダミは進化の遅れた植物であり、受粉せずに結実し、薄茶色の微細な種子を作る。ドクダミの花は稀に生け花に使われるが、独特の香りによって敬遠されるのが普通である。

 

【ドクダミの開花時期】

・5~7月

 

【花の色など】

・クリーム色(白いのは花ではなく「苞」)

 

【背丈】

・20~50cm

 

【ドクダミの品種】

・ヤエドクダミ

 白い苞が幾重にもなって花穂に連なる品種

品種,種類
八重の花が咲くヤエドクダミ

 

【ドクダミに似ている草花】

 

ハンゲショウ

 

・ツルドクダミ

 ドクダミに葉が似るタデ科の多年草。江戸時代に滋養強壮薬として渡来したものが野生化した。漢方名は何首烏(かしゅう)」

つるどくだみ
ツルドクダミ