ナシ/なし/梨

Japanese pear tree

梨の木
旬は夏だが種類によって異なる
梨の木の新芽
冬芽の様子
梨の葉,画像
ナシの葉っぱ
Japanese pear tree
裏面の様子
梨の木の枝
成長は早く、枝葉上へと伸びる
ナシの木の棘
大木では枝にトゲ状のものができる
ナシの種類
和ナシはヤマナシを改良したもの
ルイサンナシ
地域や時代によって様々な品種がある(画像は類産梨)

【ナシとは】

・バラ科ナシ属の落葉樹の総称。日本で栽培されているナシの多くは、ヤマナシを起源とする日本ナシ(和ナシ)だが、ほかにヨーロッパ中南部を起源とする洋ナシ、中国北部を起源とする中国ナシ(カラナシ)がある。

 

・夏にできる果実は水気が多くて香りが良く、季節の風物詩であるが、日本書紀の中で五穀の代用として植栽を推奨したほど食糧としての期待が高かった。本格的な栽培は江戸時代以降のことだが、今日流通する品種の多くは明治時代以降に広まったもの。

 

・開花はサクラとほぼ同じ4月中旬頃で、短い枝の先端に5~10輪がまとまって房状に咲く。花は白色で直径は3~4センチほど。5枚の花弁があり、清楚で美しい印象を持つが、花弁が落ちやすく花木として観賞される機会は少ない。

 

・葉は大きな卵形で縁に細かなギザギザがあり、先端は尻尾のように伸びて尖る。新葉は赤く、枝から互い違いに生じる。枝の色は黒紫あるいは緑を帯びた灰色でツルツルしているが、大木ではトゲ状になる枝もある。

 

・果実は直径5~10センチの球形あるいは楕円形で、外皮には細かな斑点がある。色は品種によって異なるが、緑色の強いアオナシ、褐色の強いアカナシに大別される。前者には「二十世紀」「八雲」などが、後者には「香水」「豊水」「新高」「新興」などがある。また、中国ナシの代表には「ツーリー」、洋ナシの代表には「パートレット」がある。庭木として使う場合は赤星病の被害を受けない「大原紅」などの品種が望ましい。

 

・ナシ独特の舌触りは、果肉に「石細胞」が多いことによる。特に洋ナシではその傾向が高く、収穫後、箱に入れて1週間ほど放置する「追熟」が必要になる。

 

・ナシの別名にはアリノキ、アリノミがあるが、これはナシという音が「無し」に通じることを忌み嫌ったもの。  

 

【育て方のポイント】

・日照を好む「陽樹」であり、植栽は日向に限る。日当たりや通風が悪い場所では、病害虫が発生しやすい。土質は選ばないが、粘土質の土壌に植えると生育が良い。

 

・夏は温暖かつ雨の少ない地方が適する。雨が多い場所では黒星病、黒斑病、赤星病、胴枯れ病などの病気、シンクイガ、ハマキムシ、アブラムシなどの害虫による被害が多い。

 

・自然に育てれば樹高は6mほどになり、収穫が難しくなるばかりか、果実が強風にあおられて落下しやすくなるため、果樹として扱う場合は棚仕立てとするのが一般的である。

 

 

・花は雌雄の性質を持つ両花性だが、自分の木の花粉では受粉しにくく、他の品種の花粉を必要とする。悪天候が続いた場合、花粉を媒介する虫が少なくなるため、人工授粉の作業が必要となる。

 

・木の勢いを落とさずかつ品質のよい果実を得るためには、小さな果実が自然に落下した後の5~6月に果実を間引き、病害虫を防ぐための「袋がけ」をする必要がある。

 

・花や実は短い枝に多いため、伸び過ぎた枝や樹形を乱す徒長枝を剪定する。

ナシの基本データ 

 

【分類】 バラ科 ナシ属

      落葉広葉/高木 

【別名】 アリノキ/アリノミ

【学名】 Pyrus perotina Rehder

【成長】 早い

【移植】 難しい 

【高さ】 m~6m

【用途】 果樹/庭園

【値段】 3000円~