庭木図鑑 植木ペディア > トサノミツバツツジ

トサノミツバツツジ/とさのみつばつつじ

Tosano-mitsubatsutsuji

ミツバツツジの種類
ミツバツツジの変種で雄しべが10本ある
土佐のみつばつつじ
冬芽の様子
新芽
芽出しの様子
とさのみつばつつじ
芽出しの様子(2)
tosanomitsubatsutsuji
蕾の様子
アワノミツバツツジ
トサノミツバツツジの花
花の様子
花柄にも毛が多い
土佐三つ葉躑躅,花
開花期の様子
黄葉
紅葉の様子
秋の様子
標高のある場所では綺麗に紅葉する

【トサノミツバツツジとは】

・東日本に多いミツバツツジの変種(亜種)で、漢字表記は「土佐の三葉躑躅」。高知県越智町の横倉山で発見されたことに由来するが、四国南部全域、岐阜、滋賀及び紀伊半島の山地に生える。花はミツバツツジに似るが雄しべはミツバツツジよりも5本多い10本ある

 

・開花は葉の展開に先立つ3~4月で、淡い紅紫色をした花が枝先に1~3輪ずつ咲く。ミツバツツジと同じような花だが、花柄や子房には腺毛と呼ばれる毛状の突起や褐色の毛がある。花の後には長さ2ミリ弱の卵形の果実ができる。

 

・葉はミツバツツジよりも大きく、長さ4~8センチ、幅3~5センチほどになる。中央付近の幅が最も広い菱形で、枝先に3枚ずつ集まって生じる。表面は濃緑色で成葉は無毛だが、若葉と葉柄には腺毛と褐色の軟毛があり、葉の表面にも腺点と呼ばれる粒状のものがある。条件が整えば晩秋以降、綺麗に紅葉する。

 

【育て方のポイント】

日向であれば土質を選ばずに育ち、病害虫にも強い。

 

・剪定に十分耐えるが、枝の出方が粗いため、刈り込んで仕立てるような木ではない。極端に伸びた枝を根元から取り除くような剪定が望ましい。普通はメインとなる幹がなく、株立ち状に育つ。

 

【トサノミツバツツジの品種】

・シロバナトサノミツバツツジ

 文字どおり白い花が咲く品種

 

【トサノミツバツツジに似た花木】

・サイコクミツバツツジ

 西日本の山地に多い品種。葉の付け根付近に毛があること、10本の雄しべには長短があることが特徴。

 

・キヨスミミツバツツジ

 サイコクミツバツツジに似るが、全体に毛が少なく、葉が小さい。関東から近畿にかけて分布する。

 

トウゴクミツバツツジ

 関東や中部地方の山中に多い品種。葉がより大きい。

 

・ダイセンミツバツツジ

 トウゴクミツバツツジに似るが、花柱に毛がない。樹高が4m近くになるなど他の品種より大型で、近畿から中国地方に分布する。

 

コバノミツバツツジ

 葉が小型で、花柄に褐色の毛がある。静岡県以西に分布。

トサノミツバツツジの基本データ

【分類】ツツジ科 ツツジ属

    落葉広葉 低木

【学名】Rhododendron dilatatum

    Miq. var.

    decandrum Makino

【別名】アワノミツバツツジ

【成長】やや早い

【移植】簡単 

【高さ】1m~3m 

【用途】花木/公園

【値段】1500円~