シオジ

Japanese ash

樹木 シオジ
材木としての利用が多いシオジの木
樹木 シオジ
シオジの冬芽
塩地 木 画像
新葉の様子
シオジの花 特徴
葉の展開と共に開花する(画像は蕾)
シオジ 葉っぱ
葉は10センチ前後と大きい
シオジという木は
葉の付け根の様子
しおじ 樹木
シオジの樹皮

【シオジとは】

・本州(関東以南)、四国及び九州に分布する日本特産の樹木。関東では奥秩父や南アルプスの谷沿いに見られるが、かつて材木として多用されたことから全国的にはその数は激減している。雄大な樹形を観賞するため、稀に庭木として使われることもある。

 

・葉は3~4対の小葉が集まってできる。一枚の葉の大きさは10センチ前後と大きい。

 

・雌雄異株で5月頃に花弁のないたくさんの小花が穂状に垂れ下がる。花の後には実ができ、10月頃に熟す。

 

・樹皮は画像のような感じだが、大きくなるにつれて縦に裂け目が入ることが多い。時に直径1mを超す巨木となることや、木目が白くて美しいこと、そして柔らかくて加工しやすいことから、ヤチダモとともに家具用の優良材とされ、バット、ラケットなどの器具を作るのにも使われる。

 

・地方によってはこの木を田畑の近くに植え、この新芽が出るのを種まきの合図とした。

 

・同じように材木としての利用が多かったアオダモ、ヤチダモ、ハリギリあるいは本種と葉が似るサワグルミやカラスザンショウをシオジと呼ぶ地方がある。

 

【育て方のポイント】

・天然の分布は太平洋岸であり、暖地であれば土質を選ばず丈夫に育つ。しかし、谷や沢沿いを好んで育つ木であり、乾燥にはやや弱い。

 

・剪定は可能だが、強度の剪定は樹勢を弱めるので、控えめに行う。

 

【似ている木】

・カイシジノキ

 葉軸や葉の裏に細かな毛が多い品種

タイワンシオジ(シマトネリコ)

 大人気の庭木であり、関東以西の新興住宅地にあふれている。

・ソウマシオジ

 北アメリカ原産のシオジで葉の裏面に毛が密生する。1930年代に福島県いわき市(なぜか相馬市ではない)で野生化したものが発見され、長い間、福島県の特産樹と勘違いされていた。

相馬シオジ 樹木
ソウマシオジ

シオジの基本データ

 

【分類】モクセイ科 トネリコ属

    落葉広葉 高木

【学名】F. spaethiana Lingelsh

【別名】コバチ/ショウジノキ/シュウジ

【成長】やや早い

【移植】普通

【高さ】10m~35m

【用途】材木

【値段】