庭木図鑑 植木ペディア > セイヨウボダイジュ

セイヨウボダイジュ/せいようぼだいじゅ/西洋菩提樹

Linden

セイヨウシナノキ,セイヨウボダイジュ
初夏に咲く花は香りがよく、ハーブとして使われる
西洋シナノキ,葉
新芽の様子
西洋シナノキ,特徴
新葉が展開する様子
セイヨウシナノキ,葉っぱ,画像
新葉の様子
せいようぼだいじゅ,葉っぱ,画像
成葉の様子
リンデン,ハーブ
花には虫がよく集まり「蜜源」となる
リンデン,実,画像,せいようぼだいじゅ
花の後には実ができ始め・・・
せいようしなのき,果実
秋には褐色に熟す 
セイヨウシナノキ,紅葉,黄葉,せいようぼだいじゅ
紅葉の様子
リンデン,幹,画像
樹皮の様子

 

【セイヨウボダイジュとは】

シナノキの雑種でヨーロッパ中南部に広く分布する。中世ヨーロッパでは「自由」を象徴する木とされた。

 

・釈迦が悟りを啓いたとするのはインドボダイジュの下であり、本種との直接的な関連はない。

 

・樹皮から採取する繊維は工芸品など様々な用途に使用され、「千の用途のある木」と呼ばれる

 

・初夏に咲く花には微香があり、虫がよく集まる。花は葉ともに「コモンライム」の名でハーブとして流通する。

 

・シューベルトの「リンデンバウム」は、この木のこと。

 

【育て方のポイント】

・寒さに強く、北海道(中部以南)でも育てられる

・大木となるため、一般家庭には向かない。

 

【セイヨウボダイジュに似ている木】

シナノキ

 西洋菩提樹よりも葉は小さく光沢がある。

・インドボダイジュ

 インドや東南アジアの熱帯を原産とするクワ科の常緑樹。釈迦がこの木の下で悟りを開いたとされる。セイヨウボダイジュとは名前以外に関連はない。

印度菩提樹,画像
インドボダイジュ

セイヨウボダイジュの基本データ

 

【分類】 シナノキ科 シナノキ属

     落葉広葉 高木 

【学名】 Tilia platyphyllos

【別名】 夏菩提樹/西洋シナノキ

【成長】 やや早い

【移植】 簡単

【高さ】 20m~35m

【用途】 公園/街路樹/シンボルツリー

【値段】 3000円~