ズミ/ずみ/酢実

Toringo crabapple

ズミ,花言葉,開花時期
開花は4~6月 花言葉は「追憶」など
ずみ,新芽
冬芽の様子
酢実の木,新芽
芽出しの様子
ズミ,葉っぱ
新緑の様子 葉の形はいろいろ
酢実の木,ツボミ,ずみ
蕾の様子
桷の蕾,つぼみ
蕾はピンク色だが・・・
桷,ずみ,花,時期
開ききれば、真っ白になる
雌しべと雄しべ
花柱(雌しべ)は2~3本で雄しべは多数ある  
桷 木の高さ
樹高は5mほどになる(花の時期の様子)
ズミの木,葉っぱ
葉の様子(晩夏)
酢実,枝葉
枝にはトゲ状のものがある
ズミの実,食べる
秋にできる実は苦味や酸味が強い
桷,赤い実,ズミ
直径は6ミリほど
ズミの木
干からびた状態で枝に残る

【ズミとは】

・北海道から九州までの広い範囲に自生するバラ科の落葉樹。やや湿気のある場所を好み、山地や高原にある湿原で時に群生する。初夏に咲く花や秋に熟す果実を観賞するため、北海道や東北地方を中心として公園や庭に植栽されることもある。

 

・ズミの開花は5~6月で、オオシマザクラカイドウに似た小花を枝いっぱいに咲かせる。花の直径は2~4センチほどで花弁は5枚。裏側の萼は筒型で、細かな毛を生じる。咲き始めはピンク色を帯び、徐々に純白へと変化する。花は短い枝に咲き、紅色をした丸い蕾が4~8個ずつ、長めの花柄に連なる様子が可愛らしい。

 

・葉は画像のとおりで枝から互い違いに生じ、縁にはゴザギザがある。幹から直接生じる葉(胴吹き)や長枝には切れ込みのある葉が生じるため、似たような木と見分ける手掛かりになる。

 

・花の後には直径6~10ミリほどの小さいリンゴのような果実ができ、9~10月にかけて赤または黄色に熟す。キレンジャク、アカハラ、カワラヒワなどの野鳥はこれを採食するが、見た目のわりには人気がないようで、長い間枝に残って黒ずんだ状態になることが多い。

 

・「ズミ」という名前は果実が酸っぱいこと(酸実)、あるいは樹皮を染料(黄色)に用いたことによる(染める実)。酸っぱい実の方が分かりやすいが、学術的には後者の説が根強い。

 

・果実は名前のとおり酸味が強く、渋味もあるが、霜が降りるころになれば多少の甘味が出るため、生食のほかジャムや果実酒に用いることができる。中に含まれる種子を撒くと発芽する率は高い。

 

・ズミの小枝はトゲ状に育ち、材は硬い。斧や鉈などの柄や櫛に使われる。

 

【ズミの育て方のポイント】

・山地では日のあたる湿地を好んで育つ。

 

・リンゴの台木に使われるほど丈夫な性質を持ち、可愛らしい実とは裏腹に結構な大木となる。枝葉が混み入ると強風の影響を受けやすくなるため、定期的に剪定した方がよい。

 

・木が小さなうちから開花するが、庭木として管理する場合、徒長枝を適宜切除し、大きくならないようにするとともに、剪定を繰り返して小枝の発生を促さないと、次第に花付きが悪くなる。材質が硬いため剪定はしにくい。

 

・蛾などの幼虫に葉を食害されることがある。特に近年はモンクロシャチホコが激増しており、赤色をした幼虫(サクラケムシ)の集団に葉を食べられる例が増えている。

 

【ズミの品種】

・キミズミ~実が黄色い品種

ズミ,品種,黄色
キミズミ

 

【ズミに似た木】

・エゾノコリンゴ

 中部以北の寒冷地に自生するバラ科の落葉樹。ズミによく似た花が咲くが、葉の縁ギザギザがない。その他、ズミに似た木にはノカイドウ、オオウラジロノキなどがある。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ズミ 0.8m10.5cmポット 1本【1年間枯れ保証】【山林苗木】
価格:1980円(税込、送料別) (2021/5/13時点)


ズミの基本データ

 

【分類】バラ科/リンゴ属 

     落葉広葉/小高木~高木

【漢字】酸実/酢実

【別名】コリンゴ/コナシ

    サナシ/ミツバカイドウ

【学名】Malus sieboldii Rehder 

【英名】Toringo crabapple

【成長】早い

【移植】普通

【高さ】2m~10m

【用途】公園/台木/染料

【値段】800円~