庭木図鑑 植木ペディア > シロヤマブキ

シロヤマブキ/しろやまぶき/白山吹

White kerria

白花山吹,区別
ヤマブキとは別物で白花ヤマブキではない
白山吹,しろやまぶき,新芽
冬芽の様子
シロヤマブキ,しろやまぶき,特徴
ヤマブキとは異なり、葉は対になる
White kerria
芽吹きの様子
シロヤマブキの葉
当然ながら葉も左右一組になって生じる
シロヤマブキとシロバナヤマブキ,見分け
開花時期はヤマブキと同じ4~5月ころ
白山吹の木
シロヤマブキの花弁は4枚
やまぶき,実
未熟な果実の様子
ヤマブキの実,黒い実
ヤマブキとは決定的に違う実の様子
White kerria
黄葉期の様子
ヤマブキ,黒い実,何
果実は葉が落ちた後もしばらく枝に残り、面白がられる
Rhodotypos scandens
実が落ちた冬季はこんな感じに

【シロヤマブキとは】

・中国地方の石灰岩地だけに自生する落葉低木。ヤマブキに比べれば花数が少ないものの、挿し木などで容易に繁殖し、丈夫な性質を持つことから園芸品として世界中に広がっており、茶庭や庭園でよく使われる。日本以外でも朝鮮半島や中国に自生する。

 

・シロヤマブキの花期は4~5月。花の直径は4センチ程度で4枚ある花弁と萼片には軟毛を生じる。山吹色の語源となったヤマブキにも白い花が咲く品種「シロバナヤマブキ」があり、本種と混同されやすいが、両者は属が異なる別物である(主な違いは後述)。

 

・葉は長さ5~7センチほどの卵形で葉脈がへこみ、裏面には毛がある。縁のギザギザが目立ち、枝から対になって生じるが、枝分かれが多く、条件がよければ秋に美しく黄葉する。

 

・秋にできる果実は直径5~7ミリの楕円形で、四個一組にできる。9~10月に黒く熟すが、野鳥に人気がないのか、長い間枝に残る。

 

【シロヤマブキの育て方のポイント】

・丈夫で育てやすく、植栽場所さえ選べば、特別の管理は必要としないが、稀に枝枯れ病にかかることがある。

 

・大きな株から、しなやかに伸びる枝が美しいため、狭い場所では見映えがしない。

 

・湿気を好み、西日や乾燥に弱い。

 

・日当たりの悪い場所では花つきが悪い。 

 

【シロバナヤマブキとの違い】

・花の違い

 シロヤマブキは花弁が4枚で、シロバナヤマブキは花弁が5枚。またシロヤマブキは中心部に黄色い雄しべが多数見られる。

 

・葉の違い

 シロヤマブキの葉は枝から左右対称に生じる「対生」、シロバナヤマブキは枝から互い違いに生じる「互生」

 

・実の違い

 シロヤマブキの果実は黒いが、シロバナヤマブキの果実は黒褐色で、より小さい。

シロヤマブキの基本データ

 

【分類】バラ科/シロヤマブキ属

     落葉広葉/低木

【漢字】白山吹(しろやまぶき)

【別名】

【学名】Rhodotypos scandens 

【英名】White kerria

【成長】早い

【移植】普通

【高さ】1m~2m

【用途】公園/和風庭園/切花

【値段】1000円~