庭木図鑑 植木ペディア > シナマンサク

シナマンサク(支那万作)

Chinese witch hazel

シナマンサクとマンサクの違い
日本のマンサクよりも先に咲く
シナマンサク 葉っぱ
マンサクとの違いは前年の葉が開花期にも残ること
違い 見分け 特徴
花はより大きく、黄色が濃い
葉
シナマンサクの葉っぱ
紅葉 しなまんさく
マンサクよりも綺麗に黄葉する
Chinese witch hazel
樹皮の様子
支那万作 樹木
多くの場合、株立ち状になる

【シナマンサクとは】

・中国の中部を原産とする落葉樹。マンサクの仲間の中では最も大きな花を咲かせることから、庭木として数多く植栽される。厳冬期に咲く花には甘い香りがあり、一足早い春の訪れを告げる。

 

・開花期は1~3月でマンサクよりもやや早い。しかしながら、カシワヤマコウバシなどと同じように、前年の枯葉を枝に残したまま越冬し、その状態で開花することから、花が葉の陰に隠れていることも多い。

 

・花はマンサク同様で黄金色のリボンが垂れ下がる。花弁の付け根は紅色。花の後には実ができる。

 

・葉はマンサクより大きく、直径10センチほど。葉の裏表、若い枝に綿毛があり、葉の裏は特に毛が多い。

 

【育て方のポイント】

・日向を好むが、半日陰程度なら十分に耐える。西日には弱い。

・湿気のある肥沃な土を好むが、土質はあまり選ばない。

・剪定には十分に耐える。

シナマンサクの基本データ

 

【分類】マンサク科 マンサク属

    落葉広葉 小高木

【学名】Hamamelis mollis

【別名】キンロウバイ(金楼梅)

【成長】やや早い

【移植】普通

【高さ】2m~9m

【用途】花木/鉢植え/花材

【値段】800円~