庭木図鑑 植木ペディア > シジミバナ

シジミバナ/しじみばな/蜆花

bridal wreath

シジミバナ,特徴,画像
まさしくシジミのような形の花が咲く
しじみばな,特徴
芽出しの様子
bridal wreath,flower
蕾と新葉の様子(3月下旬)
蜆花
シジミバナの花
笑窪花
花の中央がへこみ、別名を「エクボ花」という
シジミ花,花言葉
開花時期は4~5月で、花言葉は「未来への期待」
シジミバナ 葉っぱ 画像
新葉の様子
エクボバナ,葉っぱ,植木
成葉になると、だいぶ印象が異なる
しじみばな,庭木,特徴
紅葉の頃、狂い咲きすることも多い。 実はならない
bridal wreath,tree
株立ち状に育つが、樹形は整いにくい

【シジミバナとは】

・中国や朝鮮半島のヒトエノシジミバナを原種とするバラ科の落葉低木。相当古い時代に日本へ渡来し、庭木として使われる。

 

・シジミバナという名前は、八重咲きの花の様子がシジミ貝の身(内臓)に似ているとするため。花の中央がくぼんでおり、エクボバナという呼び方もある。

 

・開花は4~5月で、新葉の展開と共に3~10輪の白い花がまとまって咲く。花の直径は8~10ミリほど。花弁のように見えるものの多くは、雌雄のシベが花弁状に変化したもの。

 

・別名のコゴメバナは、花の様子を、煎った米が飛び散る様に例えたもので、ユキヤナギなども同じ別名を持つ。

 

・葉は長さ2~4センチ、幅1~2センチの卵形で、上半分にのみ縁にギザギザがある。表面は光沢があり、裏面は軟毛が密生するため白っぽく見える。若葉は小さいが、季節によってだいぶ印象が変わり、地方によっては秋に葉が青銅色になるものもある。

 

・主だった幹はなく、地際から生じた複数の細かな枝が上へ向かって広がるように伸びる。

 

【育て方のポイント】

・丈夫な性質を持ち、日当たりに植えさえすれば、手間を掛けずに育てられる。

 

・主幹がなく、株立ち状に育つのが普通。シモツケやユキヤナギに比べれば樹形がまとまりにくい。

 

・花が咲くのは前年に伸びた枝であり、秋から早春に剪定すると花数が少なくなる。

 

・株分け、あるいは挿し木によって増やす。

 

【シジミバナの品種】

・ヒトエノシジミバナ

 花が一重の品種で、通常のシジミバナの原種と考えられる。シジミバナには実がならないが、ヒトエノシジミバナは結実するという違いもある。 

【シジミバナに似ている木】

ユキヤナギ

コデマリ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シジミバナ
価格:540円(税込、送料別) (2017/2/5時点)

シジミバナの基本データ

 

【分類】バラ科 シモツケ属

    落葉広葉 低木

【学名】Spiraea pruifolia 

【別名】ハゼバナ/コゴメバナ

    エクボバナ

【成長】早い

【移植】普通

【高さ】1m~2m

【用途】下草/公園/鉢/垣根

【値段】800円~