庭木図鑑 植木ペディア > サラサドウダン

サラサドウダン(更紗灯台)

Enkianthus campanulatus

更紗満天星つつじ 開花時期 特徴
6~7月に咲く花は繊細で美しい。 花言葉は「明るい未来」
さらさどうだん 冬芽
冬芽の様子
風鈴躑躅 花 特徴
花は長さ1センチほど。別名をフウリンツツジという
Enkianthus campanulatus
樹高は5mほどになる
サラサドウダン 葉っぱ 特徴
葉はドウダンツツジより相当大きくなる(晩夏の頃)
サラサドウダン 実 種
実の様子
サラサドウダン 紅葉 黄葉
黄葉の様子

【サラサドウダンとは】

・北海道及び近畿以東の本州に分布する落葉性のツツジ。5月から6月にかけて、ドウダンツツジの親分のような花を咲かせる。秋の紅葉も美しい。

 

・花の模様を「更紗染め」に、葉柄や花柄の分岐の仕方を「灯台」に見立てて名付けられた。「更紗染め」とはインドを発祥地とする多色染めのことで、「灯台」は港にあるものではなく、室内用照明器具のこと。

 

・花は長さ1センチ程度の釣鐘状で、白地にピンクの模様が入る。模様の入り方や色の濃淡には個体差があって興味深いが、花はやや不快な香りがする。

 

【育て方のポイント】

・本来は深山の高原や岩場に見られる樹木であり、多少デリケートな性質を持つ。環境の悪い都会に植えた場合、あまり健全に育たない。

 

・成長が遅いため、剪定には手がかからない。自然樹形は半球状であり、これに準じて刈り込むが、他のツツジ類に比べて葉が大きく、刈り込みの跡が目立つため、できれば刈り込みバサミではなく、木バサミを使い、枝元で切除したい。

 

【品種】

・シロバナフウリンツツジ

  花がほぼ白い品種。稀に自生が見られる。

・ベニサラサドウダン

  花が紅色の品種

・ほかにツクシドウダン、カイナンサラサドウダンなどの品種がある。

サラサドウダン 種類
カイナンサラサドウダンは特に紅葉が美しい

サラサドウダンの基本データ

 

【分類】ツツジ科 ドウダンツツジ属

    落葉広葉 低木

【学名】Enkianthus campanulatus

【別名】フウリンツツジ(風鈴躑躅)

【成長】遅い

【移植】普通

【高さ】3m~5m

【用途】花木

【値段】800円~1円程度