庭木図鑑 植木ペディア > ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン/ひいらぎなんてん/柊南天

Mahonia

ヒイラギナンテンの葉っぱ
葉はナンテンのように枝垂れ、ヒイラギのような棘がある
ひいらぎなんてん,樹木
新芽の様子
柊南天の木の葉っぱ
葉の裏面の様子
ヒイラギナンテン,ひいらぎなんてん,樹高,特徴
高さは3m程度におさまるため、庭木として管理しやすい
ひいらぎなんてん,植物
蕾の様子
ひいらぎなんてん,開花時期
3~4月にかけて黄色い花が咲く
柊南天の木の開花
ヒイラギナンテンの花
柊南天の木
初夏から秋にかけて黒紫色の実を熟す  
ヒイラギナンテン,ひいらぎなんてん,実,画像
ヒイラギナンテンの実 
ひいらぎなんてんの木の実
食用にはならない
葉にトゲがあって黄色い花が咲く木
紅葉の美しさも魅力の一つ
ヒイラギナンテン,紅葉,画像
和風庭園でもロックガーデンでも重宝される
ひいらぎなんてん,幹
幹は柔軟で切断しにくく、断面は黄色い

【ヒイラギナンテンとは】

・メギ科の常緑低木。和風庭園でお馴染みであり学名にもジャポニカを含むが、別名「トウナンテン」が示すように原産地は中国(台湾やヒマラヤ周辺含む)。日本に渡来したのは1681~1687年(天和・貞享年間)のこと。漢名を十大功労という。 

 

・遠目で見れば葉の雰囲気はナンテンに似ており、葉の縁にヒイラギのようなトゲがあることから、ヒイラギナンテンと命名された。ナンテンもヒイラギも縁起の良い木として知られ、両方を併せ持つ本種はさらに縁起がいいとして普及する。

 

・葉は長さ4~9センチの小葉が5~9対ほど集まり、長さ30~40センチの羽根状になる。枝先で傘状に開く姿はそれだけで見栄えがするものの、葉の縁はトゲ状であり、触れると痛い。

 

・ヒイラギナンテンの開花は3~4月。枝先から長さ10~15センチの花序を房状に伸ばし、小さな黄色い花を密生させる。6弁の花には芳香があり、光沢のある葉とのコントラストが美しいため生け花にも使われ、出荷用に露地栽培されることも多い。

 

・初夏にでき始める果実は直径7~8ミリの球形で水分を含む。秋にはブルーベリーのように黒紫色に熟し、表面に白い粉を吹く。果実は長い間枝にあり、紅葉との対比は特に美しい。果実に含まれる種子は数少ないが繁殖力が高く、ヒイラギナンテンを外来種として危険視する流れもある。

 

・ヒイラギナンテンの材には薬用成分「ベルベリン」等が含まれ、これを煎じて飲めば扁桃炎や口内炎に効くとする民間療法がある。幹の断面が黄色いのはこのためで、噛めば苦味がある。また、幹は古くなるとコルクのような樹皮で覆われる。

 

【ヒイラギナンテンの育て方のポイント】

・日陰に強い。日向でも育つが日差しが強すぎると葉の緑色が薄くなるため、むしろ直射日光は避けた方が葉色が美しい。 

 

・刈り込むような手入れは不適切で、キレイに見せるにはある程度、葉の数を減らして空間を作る必要がある。

 

・株立ち状に複数の幹を生じるのが普通であり、単独で植えても、つくばいや庭石に添えるとそれなりの雰囲気を出すことができる。

 

・日向に植えて、なおかつ冬の寒さにあたると写真のように紅葉する。

 

・丈夫な性質を持ち、土質を選ばずに育つ。病害虫にも強い。

 

【ヒイラギナンテンに似ている木】

・9月頃に花を咲かせるのがホソバヒイラギナンテンで、葉は名前のとおりヒイラギナンテンより細い。この他、葉や樹形が大振りなシナヒイラギナンテンや、ヒイラギナンテンによく似た品種で、冬に花を咲かせるマホニア・チャリティー、マホニアコンフューサなどがある。

ほそばひらぎなんてん 庭木
ホソバヒイラギナンテン
しなひいらぎなんてん,画像
シナヒイラギナンテンは背丈を超える
【現品】冬咲きヒイラギ南天「☆」

【現品】冬咲きヒイラギ南天「☆」
価格:1,944円(税込、送料別)

ヒイラギナンテンの基本データ

 

【分類】メギ科/ヒイラギナンテン属

    常緑広葉/低木

【漢字】柊南天(ひいらぎなんてん)  

【別名】トウナンテン/十大功労

【学名】Mahonia japonica 

【英名】Mahonia

【成長】ふつう 

【移植】簡単

【高さ】1m~3m

【用途】和風庭園/寄せ植え/生け花

【値段】400円~