庭木図鑑 植木ペディア  > シリブカガシ

シリブカガシ(尻深樫)

Shiribuka-gashi(Japanese oak) 

シリブカガシの実,画像
食べられるドングリがなる木の一つ
シリブカガシの葉っぱ
葉はマテバシイと同じように光沢があり、大きい
シリブカの木,特徴
光の具合にもよるが、葉の裏面は青白い
シリブカガシの花
開花は秋で、ドングリがなる木では異色
秋に咲く栗に似た花
栗の花のような精臭があるが、匂いはやや弱い
シリブカガシの木の花
紐状に垂れ下がるのは小さな雄花の集まり
しりぶかがし 雌花
先端の方に咲き、より地味なのが雌花
しりぶかがし,実
雌花は一年かけてドングリに変身する
しりぶかがし,木の実
ドングリは直径2センチほど
shiribukagasi,fruits
ドングリの底が大きく凹む
しりぶかがしの実生
ドングリから幼木が生じ・・・
ブナ科マテバシイ属
樹高10mを超えて育つ
尻深樫,幹
樹齢の高い木でも幹は滑らか

【シリブカガシとは】

・近畿地方以南の山地に分布するブナ科の常緑樹。同属のマテバシイよりも温暖な地を好み、沖縄、中国、台湾にも見られる。

 

・ドングリがなる木の一つだが、秋(9~10月頃)に開花するという大きな特徴を持つ。雌雄同株で花は他のカシ類と同じような紐状になり、葉から突き出すように開く。強い香りの蜜を持ち、虫がよく集まるが人間にとっては観賞価値に乏しい。一般的な感覚では季節外れに栗の花が咲いているように見える。

 

・ドングリは直径2センチほどの楕円形。表面が蝋状の物質で覆われており、光の具合によっては紫色に見える。いわゆるドングリの帽子が他より深く、ドングリの底部には深さ3ミリほどの凹みがあるため、「尻深」と呼ばれるようになった。

 

・ドングリは翌年の開花期以降に熟すため、緑色のドングリと花を一緒に見ることができる。ドングリはタンニン(アク)が少ないため生食できる。リスや野鳥などの動物も好んでこれを食べる。

 

・葉は枝から互い違いに生じ、長さは4~10センチほどになる。画像のように革質で厚みがあり、縁にギザギザはない。裏面は銀白色でマテバシイよりも青白く見える。また、若い枝にはわずかながら毛が生じる。

 

・樹皮は暗灰色でマテバシイに似るが、マテバシイにあるような縦皺がなく、ほぼ平滑。材はお洒落に「カーム」と呼ばれ、建材や木製スプーン、フォークなどの器具や家具に使われる。

 

【育て方のポイント】

・自生地は暖地の山地や海辺であり、寒さには弱い。植栽の適地は関東地方まで。本来は湿気を好むが、乾燥地でも耐える。

 

・病害虫、煙害、潮風に強い。

 

・成長に伴って日向を好むようになるが、多少の日陰でも育つ。

 

刈り込みに強く、比較的自由に高さを調整できる。 

 

・放任すると上部ばかりが成長し、下枝がなくなるため、美観を維持するにはマメに手入れする必要がある。

 

【似ている木】

マテバシイ

アカガシ

ウラジロガシ

シリブカガシの基本データ

 

【分類】 ブナ科/マテバシイ属

     常緑広葉/高木 

【学名】 Lithocarpus glaber (Thunb.) Nakai

【別名】 シリブカ/カーム

【成長】 早い

【移植】 簡単 

【高さ】 10m~15m

【用途】 街路樹/公園樹

【値段】 500円~