庭木図鑑 植木ペディア > ハマビワ

ハマビワ/はまびわ/浜枇杷

Litsea

はまびわ,樹木
果実はビワと似ず、大きな冬芽がクスノキの仲間であることを示す
磯枇杷の木
葉は大きく、縁には淡い褐色の縁取りがある
浜枇杷の木
葉の表面には光沢があり、潮風に耐える
磯びわ,樹木
葉の裏面には褐色の軟毛がある 
開花時期
ツボミの様子
浜枇杷の果実
果実は熟すまでに1年以上かかる
樹形
樹高は最大で10mほどに
幹,画像
樹皮の様子

【ハマビワとは】

・中国地方以西の海岸沿いに多いクスノキ科の常緑樹。葉がビワの木に似ること、海辺に分布することからハマビワと命名された。観賞用として積極的に庭に使うような木ではなく、防風や耐潮を目的として海辺の街路や公園に植栽される。日本以外では韓国に自生する。

 

・葉は厚手で輪郭のはっきりした細長い楕円形。長さ7~15センチ、幅5センチほどで葉の縁は少し裏側に反り返る。枝先に集まって互い違いに生じ、裏面や柄は淡い褐色の軟毛に覆われるため黄色っぽく見える。葉はシャクナゲマテバシイ タイサンボクに近い雰囲気があるが、葉をちぎるとクスノキ科に特有の芳香がある。

 

・開花は9~11月。雌雄異株で雄の木には雄花が、雌の木には雌花が咲くが、いずれもビワの花ほど大きくならず、葉の付け根に咲くこともあってあまり目立たない。花の色形は同じクスノキ科のカゴノキテンダイウヤクなどに似る。

 

・果実は直径1~2センチほどの楕円形で、開花の翌年秋に灰色を帯びた紫色に熟し、表面に粉を吹く。これもビワとは全く異なる質感でドングリに近く、果肉がほとんどないため食用にならないが渋味や毒性はない。

 

・幼木の樹皮は灰褐色で画像のような感じだが、老木になると滑らかになる。成長が早いため材は粗く、材木としての用途は乏しい。稀に器具材や薪材として使われる。

 

【育て方のポイント】

・自生は暖地だが多少の耐寒性はあり、関東地方北部までなら植栽できる。日向を好む陽樹だが、半日陰程度であれば耐えられる。

 

・葉が大きいため鬱蒼としやすい。海辺の目隠しには最適だが、一般家庭の庭木としては大き過ぎる。剪定は可能だが、枝の出方は粗く、人工的に樹形を整えるのは難しい。

 

・大気汚染や病害虫に強いものの、まれにスス病にかかる。 

 

【ハマビワに似ている木】

 ビワ イヌビワ シロダモ

ハマビワの基本データ

 

【分類】クスノキ科 ハマビワ属

    常緑広葉 小高木

【学名】Litsea japonica

【別名】イソビワ/イソシバ/イソマテジイ

    ケイジュ/シャクナンショ

【成長】早い

【移植】やや難しい

【高さ】7m~10m程度

【用途】防風/防潮

【値段】800円~(園芸品としての流通は稀)