庭木図鑑 植木ペディア > シナヒイラギ

シナヒイラギ/しなひいらぎ/支那柊

Chinese holly

赤い実 クリスマス ヒイラギ
「チャイニーズホーリー」「ヒイラギモチ」など呼び名が多い
ヒイラギモドキ,しなひいらぎ,葉っぱ
葉はヒイラギに似るが棘は少なく、全体にふっくらしている
チャイニーズホーリー 赤い実
葉の裏側の様子
シナヒイラギ,しなひいらぎ,花,画像
初夏に「うまい棒」のような花が咲く
チャイニーズホーリー 赤い実
樹高は5m程度になる
しなひいらぎ,幹
シナヒイラギの樹皮

【シナヒイラギとは】

・ヒイラギモチ、ヒイラギモドキ、チャイニーズホーリー・・・と様々な呼び名で親しまれるモチノキ属の常緑樹。名前のとおり中国及び朝鮮半島を原産地とする。

 

・秋から冬にかけて実が赤く熟すため、古くは縁起物として、現代ではクリスマスを演出するものとして人気がある。

 

・初夏にできる花は写真のとおりモコモコで、芳香がある。

 

・樹齢や環境、生じる場所によって葉の形が微妙に異なるが、大きな二対の棘があるのが本種の特徴である。市場ではセイヨウヒイラギをチャイニーズホーリーと称することもあり、混乱が見られる。

 

【シナヒイラギの育て方のポイント】

・雌雄異株だが、雌株には雄しべがあり、単独で植えても実がなるため、実を鑑賞する目的であれば雌株を植えた方がよい。

 

・他のヒイラギの仲間と同様に、ある程度の日陰に耐え、土質も選ばず丈夫に育つ。

 

・風通しの悪い場所ではカイガラムシの被害にあうこともあるが、基本的には病害虫に強い。

 

・葉には大きめの棘があるため、剪定の際には厚手の手袋が必要となる。また、小さな子供がいる家庭では植えないほうが無難。

 

シナヒイラギの基本データ

 

【分類】モチノキ科/モチノキ属

    常緑広葉/低木 

【漢字】支那柊(しなひいらぎ) 

【別名】チャイニーズホーリー

    クリスマスホーリー

    ヒイラギモチ/ヒイラギモドキ

【学名】Ilex cornuta

【英名】Chinese holly

【成長】やや遅い 

【移植】やや難しい 

【高さ】3m~5m 

【用途】垣根/公園

【値段】1000円~