サツキ/さつき/皐月

Azalea

サツキツツジ 特徴
日本で最も数多く植えられている植木で、その種類も豊富
サツキツツジ,さつきつつじ,種類
街を歩けば必ず目にする「大盃」がその代表
サツキとツツジ 違い
葉が細かく、枝が柔らかいため盆栽にも多用される
サツキ,さつきつつじ,紅葉,黄葉
環境や個体によっては紅葉も美しいが・・・
皐 躑躅 見分け
一年を通じて変化が少ないことに価値がある

【サツキとは】

・ツツジ科ツツジ属の常緑低木で、日本で最も数多く植えられている庭木の一つ。「サツキとツツジの違いは?」と話題になるが、サツキはツツジの一種であり、本来はサツキツツジと呼ぶのが正しい。剪定や移植に強く、盆栽に使いやすいため、江戸時代から園芸用として人気が高まり、ツツジとは分けて扱われるようになった。

 

・小さな葉が密生するため、好きな形に剪定しやすく、剪定にも強いことから盆栽にも使われ、名品が多い。

 

・陰暦の5月に咲くことからサツキと名付けられた。実際の開花時期は地方や環境にもよるが5月~6月中旬で、開花期は長い。花はツツジの仲間としては小さい。

 

キリシマツツジなどよりも開花が遅いことと、葉の先が尖っていること、葉の両面に褐色の毛が映え光沢があることが大きな特徴。

 

・サツキの園芸品種は1000種以上、花の色はピンク、紫に近いピンク、まれに白がある。「大盃」がその代表。

 

【サツキの育て方のポイント】

・芽を出す力が強く、剪定に耐える。

・渓流沿いの岩場や砂交じりの礫土に自生し、鹿沼土に代表される弱酸性の土を好むが、あまり環境を選ばず丈夫に育つ。

・半日陰程度なら生育可能

・葉が小さいため、剪定後の後片付けがやや面倒。 

サツキの基本データ

 

【分類】ツツジ科/ツツジ属

    常緑広葉/低木 

【漢字】皐月(さつき)  

【別名】サツキツツジ 

【学名】Rhododendron indicum

【英名】Azalea

【成長】やや早い 

【移植】簡単 

【高さ】0.5m~1m 

【用途】公園/盆栽/根締め 

【値段】400円~