庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ツワブキ

ツワブキ(石蕗)

黄色い花が咲く 山野草
花言葉は「謙遜」「困難に負けない」など
ツワブキ 葉っぱ
若い葉は褐色の毛があるが、成長と共に無毛になる 
つわぶき 蕾 画像
蕾の様子
開花時期 つわぶき
花期は10~12月
磯蕗
ツワブキの花
石蕗の花,黄色い花
花の少ない時期に一斉に咲き誇る
ツワブキの種
花の後はタンポポのようになる
つわぶき,種
ツワブキの種子

【ツワブキとは】

・中部以西の本州、四国及び九州に分布するキク科の多年草。地味な下草ではあるが光沢のある葉が美しく、他の草花が咲き終わった10~12月頃、一斉に黄色い花を咲かせる。

 

・丈夫で育てやすく、病害虫の発生もほとんどない。日陰にも耐えることから日本庭園や寺院などで広く用いられているが、本来は海岸沿いの岩場や林の縁などに自生する。イソブキ、ヤマブキ、ツワ、ツワナ、ツバ、ツヤなどの地方名がある。

 

・花は周辺部にある多数の雌性花と中心部にある両性花からなり、いずれも実を結ぶ。

 

・深い切れ込みのある丸い葉は肉厚で艶があり、フキと同じように食べられることからツワブキと名付けられたが、フキとは別のツワブキ属に属する。葉には抗菌力のあるヘキセナール・ヘネシオ酸が含まれ、炙った葉は打撲、湿疹、化膿止め、さらにはワキガの薬になるという。また、根茎に解毒作用があり、乾燥させたものは胃腸薬や解毒剤になるという。

 

・食用にするのは若い茎(葉柄)。多少苦みがあるものの、キンピラ、和え物、梅酢漬けなどにして食用する。醤油で煮詰めた伽羅蕗が有名。花も天婦羅にして食べることができる。 

 

・氷点下5度までなら寒さに耐えられるが、庭に地植えできるのは、太平洋側では福島県以南、日本海側では石川県以南となる。日本以外では台湾や韓国等に自生する。

 

【開花季節】

・10~12月

 

【花の色など】

・黄色

 

【背丈】

・40~50cm

 

【品種】

・オオツワブキ

 九州の西海岸に見られる品種。1mを超す茎に、ツワブキより大型の花を咲かせる。地元では葉を塩漬け(粕漬)にして食べることで知られる。

 

・リュウキュウツワブキ

 沖縄や奄美諸島に見られる品種。扇形の葉を持ち、通年開花する。

 

・このほか葉に模様が入るキモンツワブキやフクリンツワブキ、八重咲のヤエツワブキ、葉が波状になるボタンツワブキなど、江戸時代から数多くの品種が作り出されている。、

品種,つわぶき
斑入りツワブキ