庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > タチツボスミレ

タチツボスミレ/たちつぼすみれ/立坪菫

Japanese Violet

立壺すみれ
タチツボスミレの花言葉は「謙虚」「誠実」など
たちつぼすみれ,特徴
花の色は変異に富む
純恋の花
タチツボスミレは最も普通に見られるスミレ
たちつぼすみれ,葉
葉はハート形に近い楕円
すみれ,葉っぱ
裏面の様子
純恋の花
新葉が出揃わない明るい林内で開花するが
たちつぼすみれ
他の植物の葉が出揃うと半日陰に潜伏する
すみれ,果実,種子
初夏のころの様子

【タチツボスミレとは】

・北海道から沖縄まで、全国各地に自生するスミレ科スミレ属の多年草。日本に自生する50種類ほどのスミレの中で最も普通に見られるものであり、万葉集や枕草子に登場するスミレも本種とされる。

 

・花期は3~5月で、葉の付け根から伸びた花茎の先端に、直径2センチほどの淡い青紫色の花が横向きに咲く。春の花の後に実ができるが、これとは別に、夏にも閉鎖花と呼ばれる花が咲き、より純度の高い種子ができる。花や葉は酢の物やおひたし、天婦羅などにして食べることができる。 

 

・5枚ある花弁のうちの一つが大きく、裏側に隆起しており、花全体の形が大工道具の墨入れに似ているため、スミレと呼ばれるようになった。隆起した部分を「距」というが、かつての子供たちには2本のスミレの距を引っかける遊びがあり、これにちなんでスミレを「相撲草」「相撲取草」あるいは「喧嘩花」と呼ぶ。

 

・スミレは大別すると地上に茎が出るタイプと出ないタイプがあるが、タチツボスミレは地上に茎を生じる。葉は楕円形で、付け根付近がハート型に凹む。葉色は緑色が普通だが、標高の高い場所では紫色を帯びることもある。タチツボスミレは環境適応力が高く、花の色や茎葉の形態に個体差がある。

 

・タチツボスミレを始めとしたスミレ類(パンジー、ビオラを含む)はツマグロヒョウモン(蝶)の食草であり、若い幼虫は葉の裏にいるが、成長の進んだ幼虫は株から降りてスミレ類を食べ歩く。

 

【タチツボスミレの品種】

・ニオイタチツボスミレ

 同じような場所に見られるスミレだが、花の香りが高く、花色は赤みを帯びるのが特徴。 

匂いタチツボすみれ
ニオイタチツボスミレ

タチツボスミレの基本データ

 

【分 類】スミレ科スミレ属

     多年草

【漢 字】立坪菫(たちつぼすみれ) 

【別 名】相撲草/相撲取草/喧嘩花

【学 名】Viola grypoceras

【英 名】Japanese Violet

【開花期】3~5月

【花の色】青紫色

【草 丈】~30cm