庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > タケニグサ

タケニグサ

たけにぐさ,山野草
初秋にできる実は風に揺れると、人が囁くような音を立てる
たけにぐさ,有毒
開花は6~8月 花言葉は「素直」だが茎には毒がある
ササヤキグサとは
タケニグサの葉
タケニグサ,特徴
茎は滑らかで、表面は粉を吹く
たけにぐさ,特徴
タケニグサは高さ2mにもなり、よく目立つ
タケニグサ,実
実は他の花が少ない時季にできるため、よく目立つ
タケニグサ,果実
果実は魚がぶら下がったように見える
たけにぐさ
秋には葉が黄色くなり、落葉する

【タケニグサとは】

・日本を含む東南アジア各地の荒れ地や原野に見られるケシ科の多年草。タケニグサという名前の由来には、中空の茎や冬枯れの様子が竹や笹に似る「竹似草」を由来とする説と、竹と一緒に煮ると竹が柔らかくなって細工が容易になることに由来するとする説がある。しかし、外見は竹に似ておらず、また、竹と一緒に似ても柔らかくする効果はないという。

 

・開花は夏(6~8月)で、茎の先端に直径1センチほどの白い小花がたくさん咲く。花弁はなく、つぼみにある萼は開花と共に散り落ちる。

 

 

・秋にできる果実は長さ2~3センチで、オレンジの魚のようなユニークな色形になる。風が吹くと中の種子がカサカサと音を立てて揺れ、あたかも人が囁いているように聞こえるため、ササヤキグサという別名がある。しかし、ササヤキは麻殻を意味し、果実が麻殻に似ることによるという説もある。

 

・茎は中が空っぽだが、高さは2mにも育つ。根は太く、オレンジ色をしている。

 

・葉や茎の形状がキクに似るとしてチャンパギクという別名がある。チャンパの語源は諸説あるが、ベトナム(安南国)のことで、南国風のキクという意味合いを持つという説と、実が風に揺れてチャラチャラと鳴ることに由来するという説がある。

 

・タケニグサの葉は掌状に裂けてキクのようになる。裏面には短毛があって白く、風になびくとより目立つ。葉や茎を切ると出てくるオレンジ色の苦汁はアルカロイド物質を含み、誤って口にすると大脳中枢を麻痺させ、脳貧血を引き起こすため注意が必要である。

 

・かつては上記の汁を害虫駆除に用いた。またこれは生薬「博落廻」として白癬症(いんきん、たむし等)や疥癬、消炎、中耳炎の治療に効果を発揮するという。

 

 

【開花時期】

・6月~8月

 

【花の色など】

・白

 

【背丈】

・~200cm