庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > マコモ

マコモ/まこも/真菰

Manchurian wild rice

菰,材料
マコモは各地の水辺で普通に見られる大型の多年草
真菰,読み方
かつては葉や茎でワラのような敷物「菰(こも)」を作った
Manchurian wild rice
茎は太い円柱形で肥大、直立し、草丈は2m以上になる
Japanese wild rice grass
盛夏にはかなり鬱蒼と生い茂る
草,カズキ.カツギ.カツミ
秋になるとマコモは明るい色になって枯れる
Manchurian wild rice
冬季に休眠中のマコモ

【マコモとは】

・北海道~沖縄に分布するイネ科の大型多年草。泥の中で根を横に張って育つ「抽水植物」の一種であり、川岸や河口、沼地などの浅い水辺に群生する。

 

・マコモは中国や東南アジアにも育つが、日本に見られるのは在来種。原始時代にはこの葉や茎を編んで敷物(コモ)を作っていたが、イネが渡来して、ワラでコモを作るようになったため、元祖である本種を「真菰(まこも)」と呼ぶようになった。

 

・マコモの葉は幅2~3センチ、長さ50~100センチの広い線形。基部は茎を抱く「葉鞘」となり、葉と葉鞘の境にある関節の内部には、大きく発達した「葉舌」と呼ばれる白い三角状のものがある。

 

・開花は晩夏~初秋で、頂部に長さ50センチほどの花茎を伸ばし、雌雄それぞれの花を円錐形に密生させる。雌花は淡い緑色で、細長い糸状の芒(のぎ)が直立し、花序(花の集り)の上方にできる。雄花は赤紫色で6本の雄しべがあり 花序の下方にできる。

 

・近年、スローフードとして着目されるワイルドライスは、本種の近縁であるアメリカマコモの実であり、アメリカンインディアンが数千年来、食用してきたもの。日本のマコモも地域によっては、臼で挽いて餅や粥にして食す習慣があった。

 

・中華料理の食材となるマコモダケは、本種の若い茎が、黒穂菌の寄生によって肥大化したもの。タケノコのように柔らかで、煮物、炒め物、和え物などにして食べることができるが、日本の自生種では茎が肥大化しにくく、マコモダケは中国等からの輸入品が多い。また、マコモダケ(菰筍)をそのまま育てることで得られる黒い胞子は、「マコモ黒」と呼ばれ、染料に使われる。

 

・秋に採取したマコモの根を日干し、煎じたものが生薬の「菰根(ここん)」。民間療法で利尿に用いられる。

 

【マコモに似た植物】

・セイバンモロコシ

 

・ヨシ(アシ)

 マコモよりも浅瀬に育つ。両者はよく似るが、マコモは秋になると葉が明るいクリーム色になるため見分けやすい。

 

ススキ

 

ミクリ

マコモの基本データ

 

【分 類】イネ科/マコモ属

     多年草

【漢 字】真菰(まこも)

【別 名】コモ/マヨギ/ハナガツミ

     カズキ/カツギ/カツミ

【学 名】Zizania latifolia 

【英 名】Manchurian wild rice

【開花期】8~10月

【花の色】淡い緑色/赤紫色

【草 丈】~250cm