庭木図鑑 植木ペディア > 今咲いている草木

今咲いている草木

花の咲く草木はたくさんありますが、街中や公園で普通に見かける種類は案外限られています。

 

ここでは関東地方で今の時期に咲いているであろう草木を花の色別(白・ピンク・青・オレンジ・黄色など)に紹介します。

主に木に咲いている花ですが、時季によっては草花も紹介します。

 

どれも有名なものばかりなので園芸ビギナー向けではありますが、それぞれの名前や写真をクリックすると詳細ページに移動します。

 

なお、このページは筆者の都合にもよりますが、二十四節気程度のペースで更新します。

 

(last update 2021/11/3)

今咲いている白い花木

今咲いている花 木

チャノキ

お茶の木には花が咲き、実もなります。うつむき加減に咲く控え目な花ですが、じっくりと観察すると派手にできています。

ナワシログミ

茱萸の仲間ですが、来年の初夏においしい実を作るため、今頃咲いています。白い小花はうつむいていてあまり目立ちません。

現在 開花中の花 白

ハマヒサカキ 

プロパンガスのような匂いを放つ花で、毎年異臭騒ぎが起きますが、サカキの仲間で公園や神社に多数見られます。

木の名前 今咲いている

ヤツデ

古くから和風庭園に使われる低木で、日陰に強いことから飲食店の店先などにも多数見られます。

ヒイラギモクセイ

ややこしい名前ですがギンモクセイに近い花木で、マンションや公園の垣根に多用されています。虫食いの葉が多ければコレです。

何 白い花の木 冬

ビワ

初夏に枇杷の実を食べるためには、今時分に花を咲かせてもらう必要があるようです。

イチゴノキ

イチゴのような実がなる木で、アセビと同じような白い小花が垂れ下がります。近年、庭木として人気です。

アベリア 

街路樹、公園、マンションの庭等に多用されている高さ50センチ程度の低木です。

今咲いている紫や青色の花木

クコ 

花と実が同時にできる縁起の良い木として知られますが、棘があるので扱いに注意が必要です。

今咲いているピンクの花木

何の花 今木に咲いてる

サザンカ

有名な童謡から、初冬の花のような印象ですが、開花時期は品種によって異なり、秋から早春まで、何らかのサザンカが咲いています。白い花もあります。

カンツバキ

 「寒椿」ですが、サザンカの仲間で今頃から2月頃まで花を開きます。背丈が大きくなりにくく、画像のように刈り込まれ、公園や和風庭園に好んで使われます。

フヨウ 

7月~10月にかけて咲くハイビスカスの仲間。中国では美人を形容するのに使われます。

道端や林縁で今咲いている草花

関東の道端で普通に見られる草花です。雑草と呼ばれるものの中にも綺麗な花を咲かせるものが数多くあります。

セイタカアワダチソウ

雑草の王様です。郊外の野原はこの黄色い花に占拠されたかのように、辺り一面を埋め尽くしています。

ツワブキ

木ではなく草です。大木の下など暗い場所で、かなり目立った明るい黄色の花を咲かせています。

イタドリ

スカンポと呼ぶ人も多い山菜です。ヌルデに似た花には虫がよく集まります。

キチジョウソウ

関東以西の藪などに見られる下草。葉陰に咲く小さな花を見付けると良いことが起きるとされる。

ススキ

花のイメージに乏しい草ですが、稲と同じような小さな花が咲きます。