庭木図鑑 植木ペディア > ツクバネ

ツクバネ/つくばね/衝羽根

Tsukubane tree

羽根つきの木
果実は枝先に一つずつできる
ハネツキノキ,ハネノキ
枝先は垂れ下がり気味になる
幹は直立し、上部で枝分かれする
幹は直立し、上部で枝分かれする

【ツクバネとは】

・関東地方以西の本州、四国及び九州の一部(佐賀、長崎、大分)に分布するビャクダン科の落葉低木。山地の針葉樹林内に多く、雑木林にも見られる。秋にできる果実が羽子板で衝く羽根に似ているため、ツクバネと名付けられた。

 

・一見すると自立した木に見えるが半寄生の性質を持ち、モミツガなどの針葉樹の根に自分の根を絡ませて育つ。ただし、あくまで半寄生性であり、ツクバネ自体も淡緑色の葉で光合成を行っており、宿主に完全に依存しているわけではない。

 

・葉は長さ3~10センチほどの楕円形で先端が尾状に尖る。葉の縁にギザギザはなく、表面と裏面の葉脈上には細かな毛を生じる。葉はコマユミのような雰囲気で、直に枝から対になって生じるように見えるが、短い柄がある。

 

・冬芽は茶色だが、新芽がほころび始める頃には緑と茶色のチェック模様となり、その名残が枝に見られる。新芽や若葉を茹でたものは山菜として食用できる。

 

・ツクバネの開花は5~6月。雌雄異株で、雄木に咲く雄花は直径5ミリほど。雄しべと萼片が4個ずつあり、複数垂れ下がって咲くが、開花後すぐに落下する。雌木に咲く雌花は枝先に一輪のみで、長さ1センチほどの細い葉のような苞が4枚ある。

 

・花は雌雄いづれも緑色かつ花弁がないため地味だが、ほのかな香りがあり、小さなハエの仲間が媒介することによって受粉する。雄木と雌木が隣り合って生じることが多い。

 

・果実は直径1センチ弱の楕円形だが、3センチほどに伸びた苞が羽根状になる。あまり食指の動かない外見だが、カヤと同じような味で、油炒めや塩茹でにして食べることができる。実が堅く熟すのは10~12月で、回転しながら落下する。ちなみに実際に羽根つきに使うのはムクロジの実である。

 

【ツクバネの育て方のポイント】

・日向を好むが、半日陰程度なら耐えられる。半寄生性だが、単独でも自立して育つ。

 

・果実ができるのは雌株のみであり、植栽の際には雌雄の別に気を付ける必要がある。

 

・花は今年伸びた枝に咲くため、早春~初夏には剪定しない方がよい。

 

【ツクバネに名前が似た木】

 ビャクダン科の樹木は熱帯に多く、日本に分布するのは本種のみ。名前の由来が同じような木には以下のようなものがある。

 

ツクバネウツギ

 

ツクバネガシ

 

ヤマボウシ(別名ツクバネ)

 

ロウヤガキ(別名ツクバネガキ)

ツクバネの基本データ

 

【分類】ビャクダン科/ツクバネ属

    落葉広葉/低木

【学名】Buckleya lanceolata

【別名】ハネツキノキ/ハゴノキ

    ハネツキノミ/ハネノキ

    コギノキ

【成長】早い

【移植】困難

【高さ】1m~2m

【用途】公園/寺社

【値段】1500円~