庭木図鑑 植木ペディア > ドロノキ

ドロノキ(泥の木)

Japanese Poplar

ドロノキ 特徴
ヤナギ科だが、シダレヤナギとは全く違う
ドロノキ 葉っぱ
葉は10センチ近い大きさで、やや肉厚になる
どろのき 特徴
葉の裏面は白い
泥柳 新芽
冬芽は秋のうちから、しっかりしている
ドロヤナギ 幹
樹皮の様子

【ドロノキとは】

・本州中部以北の深山などに見られるヤナギ科の落葉樹で、サハリンやカムチャッカなどアジア東北部にも分布するポプラの仲間だが現代の庭園で庭木とする例はほとんどない。旧満州国では防風目的の街路樹として用いられた。

 

・葉はヤマナラシに似た卵形で裏面が白く、縁にはギザギザが目立つ。葉脈は凹み、表面に皺が多いのが特徴。枝や冬芽からは多量の樹脂を分泌し、手で触れると粘々して不快な思いをする。

 

・雌雄異株で4~6月頃、葉の出る前あるいは葉と同時に紫緑色をした無数の小花が垂れ下がる。花の後にできる実は7~8月頃に熟し、中から綿毛のある種子が顔を出す。このため、別名をワタノキやキワタなどという。

 

・種子の綿毛は「柳絮(りゅうじょ)」と呼び、これを集めて綿の代用にすることもあったが、飛び散って道路や住宅地に堆積するため、時に邪魔者扱いされる。

 

・樹皮は若木のうちは白いが、樹齢を重ねるに従ってグレーになる。画像のようにソロバン玉に似た模様が浮かび上がって美しいが、この樹皮の色合いから「ドロノキ」と名付けられた。

 

・幹は直径1.5m~2mほどになるが、材は白くて柔らかいため、建材には使われない。その特性を利用して爪楊枝やマッチの軸、下駄、経木、パルプ、船舶材等とされる。材が泥のように柔らかいためドロノキと名付けられたという説もある。

 

【育て方のポイント】

・原産地は川岸や渓谷など湿地の多い場所であり、乾燥地では育てるのが難しい。

 

・軽くて養分の多い砂地を好む。

 

・芽を出す力が強く、剪定には十分に耐える。

 

・実生、挿し木で増やしやすい。直径3センチ×長さ30センチの枝を半分以上、水湿地に挿しておけば根付く。

 

・サメハダハマキチョッキリという虫が寄生して、葉が丸まることがある。

 

【品種】

・ニオイドロ

 北海道や本州のごく一部(立山、仙丈岳)に分布し、新芽や若葉の香りが強い品種。葉に皺が多いためチリメンドロという別名がある。 

 

【似ている木】

・ギンドロ

 南ヨーロッパや中央アジアを原産とする仲間で、葉の裏が銀白色になって美しいため、街路樹や庭木に使われる。

ギンドロの木
ギンドロの葉

ドロノキの基本データ

 

【分類】ヤナギ科 ヤマナラシ属

    落葉広葉 高木 

【学名】Populus suaveolens

【別名】ドロヤナギ/デロ/ドロ/ワタノキ/ワタドロ/キワタ/

    チリメンドロ/ドロボウ/ドロッペイ/ヘロッポ/バタバタ

【成長】かなり早い 

【移植】困難

【高さ】20m~30m 

【用途】公園/材木 

【値段】2000円~10000円程度