庭木図鑑 植木ペディア > チングルマ

チングルマ(稚児車)

Aleutian avens

紅葉 ちんぐるま
草に見えるが、チングルマは「木」の仲間

【チングルマとは】

・北海道及び本州(中部以北)の高山帯に分布するバラ科の常緑低木。日本以外でもカムチャッカやアリューシャンなど北半球の北部で広く見られる。

 

・夏(6~8月)になると花の茎が伸びて、直径3センチ弱の花を咲かせる。花弁は5枚で、中央の黄色く見える部分は雄しべ。花言葉は見た目どおりの「可憐」。花の後にはオキナグサにも似た毛槍のような種ができる。

 

・チングルマの細い幹は枝分かれしながら地を這い、草地や湖沼の岸辺に群生するように育つ。

 

・葉は深緑色で光沢があり、7~9枚の小さな葉が一まとまりになって生じる。秋になると光沢を保ったまま派手に紅葉し、人目を惹く。

 

・漢字表記は「珍車」ではなく、「稚児車」。花の様子を稚児のように可愛い車輪に見立てて命名された(諸説あり)。

 

【育て方のポイント】

・湿気を好み、暑さの厳しい乾燥地では育てられない。

・日当たりを好むが半日陰程度なら育てられる。

 

【品種】

・チョウカイチングルマ

 花弁の先端が角ばった品種。鳥海山で発見された。

・タテヤマチングルマ

 花にうっすらとピンク色が入る品種。

・ヤエノチングルマ

 八重咲きの品種。北海道で発見された。

 ほかにユウバリチングルマなどの変種が知られる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チングルマ 3号 【高山植物】 【山野草】
価格:648円(税込、送料別) (2018/1/21時点)

チングルマの基本データ

 

【分類】バラ科 チングルマ属

    (あるいはダイコンソウ属)

    常緑広葉 小低木 

【学名】Geum pentapetalum (L.)Makino. 

【別名】イワグルマ

【成長】普通

【移植】簡単

【高さ】7~10cm

【用途】高山植物

【値段】650円~