庭木図鑑 植木ペディア > ネコヤナギ

ネコヤナギ(猫柳)

Pussy Willow

Pussy Willow,flower,picture
挿し木で増え、育て方も簡単
ねこやなぎ 花
早春に見られる猫のシッポは「花穂」というもの
ネコヤナギ 冬芽
冬芽から花穂が出始めたころ
猫柳 花 画像
雄花は黄色で、紅色が混ざる
ネコヤナギの葉っぱ 画像
葉は皮質で長さは10センチ前後 先端は尖る
bark of pussy willow
ネコヤナギの樹皮

【ネコヤナギとは】

・日本全国の水辺で普通に見られるヤナギの仲間。朝鮮半島や中国の東部にも分布する。シダレヤナギと並んでヤナギの仲間を代表する。

 

・3~4月にできる花穂がネコのしっぽのようで愛くるしく、庭木や生け花としても利用される。ネコではなくイヌのしっぽになぞらえて方言名を付けた地方もある。

 

・花は画像のように絹毛をまとった尻尾状で、葉に先立って展開する。なお、ヤナギの仲間はすべて雌雄異株で、雄木には雄花、雌木には雌花が咲き、雄花の方が大きいという特徴がある。

 

・ネコヤナギの葉は画像のように長楕円形でシダレヤナギのそれとは異なる。葉の縁には細かなギザギザがあり、葉の裏側には軟毛がびっしりと生えている。遠目には白っぽく見える。

 

・5~6月になると絹毛を密生させた灰色の実ができる。実は熟すと二つに裂け、中にある種子を飛ばす。

 

・ネコヤナギは個体によって枝の出方が異なるが、たいていは上向き、あるいは水平に生じる。変種のネコシダレ(下記)を除き、シダレヤナギのように枝が垂れることはない。成長はかなり早いが、一本一本の幹は短命であり、それほど大きくならない。

 

【育て方のポイント】

・暑さ寒さに強く、北海道から九州まで日本全国に植栽できる。

・自然分布は湿地であり、乾燥には弱いと思われがちだが、乾燥にも耐え、土質も選ばない。

 

・剪定の適期は花が終わった4月中旬。枝を短く切り詰めるような方法が一般的だが、剪定ばさみでザックリと刈っても急に枯れこむようなことはない。しかし、毎年繰り返すと樹勢が衰える上、風情もなくなる。半端な剪定はせず、株元で幹を切って、新たな幹を残すような手入れが望ましい。

 

・実生でも増やすことができるが、挿し木で増やすのが一般的。2~3月上旬に前年(あるいは前々年)の枝を20~30センチの長さで切り、湿った土地に挿す。

 

【似ている木】

・クロヤナギ

 ネコヤナギと同様に生け花に使われる。花穂に白い毛がなく、開花しても真っ黒であるがれっきとしたネコヤナギの変種。雄株だけが知られる。

 

・ネコシダレ

 枝が垂れる園芸品種。希少品でありあまり流通していない。

 

・フリソデヤナギ

 ネコヤナギとバッコヤナギの雑種。でき始めの花穂が紅色を帯びて美しく、その姿を振袖に見立てて命名された。

ネコヤナギの基本データ

 

【分類】ヤナギ科 ヤナギ属

    落葉広葉 低木

【学名】Salix gracilistyla

【別名】エノコロヤナギ/ネコニャンニャン

    チンコロ/コロコロ/カワヤナギ

【成長】かなり早い

【移植】普通

【高さ】1m~3m 

【用途】水辺/切り花

【値段】800円~2000円程度