庭木図鑑 植木ペディア > チャンチンモドキ

チャンチンモドキ(香椿擬)

Lapsi fruit tree

ちゃんちんもどき 実 ラプシ
原産地では菓子などの材料になり、ラプシーと呼ばれる
チャンチンモドキ 葉っぱ
新緑は普通にライトグリーン
チャンチンモドキの葉っぱ
葉の縁は波打つ
葉の裏側の様子
葉の裏側の様子
ラプシー 木の実
未熟な実の様子
チャンチンモドキ 紅葉
黄葉の様子
チャンチンモドキ 幹
樹皮は紫がかり、経年と共に縦に裂け目ができる

【チャンチンモドキとは】

・インド北部、タイ及び中国南部などの暖地を原産とするウルシ科の落葉高木。日本では九州において稀に自生が見られる程度であり、絶滅が危惧される。

 

・葉の形がセンダン科のチャンチンに似るが、まったくの別種であるためチャンチンモドキと名付けられた。チャンチンとは花の色、時期、新葉の色、実の形状などが明確に異なる。

 

・葉は大きな羽根状で、長さ6~9センチほどの小さな葉が3~6対集まってできる。元祖のチャンチンは新葉が黄色やピンクに色づくが、チャンチンモドキはそんなふうにはならない。ウルシの仲間だが葉に触ってもかぶれることはなく、葉のエキスは化粧水(ローション)の原料として使われている。

 

・雌雄異株で5月頃に小さな薔薇のような紫褐色の花が咲く。雄花と雌花があり、雄花は円錐状にたくさん集まり、雌花は一つだけ咲く。直径は5ミリほどで木の高いところに咲くため目立たないが、開花期には木の下が赤褐色になるため開花に気づく。ちなみにチャンチンの花は白色で6月ころに咲く。

 

・花の後にできる実は2~2.5センチの楕円形。10~11月ごろになるとセンダンと同じような渋い黄色に熟して落下する。ヒマラヤ地域ではこれを漬物やキャンディーにして食用したり、数珠の材料にする。

 

・別名をカナメノキというが、カナメモチとは関係がない。

 

 

【育て方のポイント】

・日向であれば土質を選ばずに育つ。幹のみならず側枝も太く、直上する傾向があり、成木では壮大な樹形となる。このため自然樹形を鑑賞するには、相当広いスペースに植える必要がある。

 

・暖地の生まれではあるが、関東以西であれば育てられる。

チャンチンモドキの基本データ

 

【分類】ウルシ科/チャンチンモドキ属

    落葉広葉/高木

【学名】Choerospondias axillaris

【別名】カナメノキ/ラプシー/ロプシー

【成長】早い

【移植】普通

【高さ】15m~25m

【用途】公園/街路樹

【値段】