庭木図鑑 植木ペディア > シセントキワガキ

シセントキワガキ(四川常磐柿)

Chinese persimmon

シセントキワガキ 画像 特徴
実は甘味があって生食できる
四川常磐柿 葉っぱ
葉は細長く、光沢がある
シセントキワガキ 花
初夏に開花する
シセントキワガキ 実 画像
実の表面には毛がある

【シセントキワガキとは】

・中国四川省を原産とする常緑のカキ。共に庭木や盆栽として使われるロウヤガキに似るが、ロウヤガキは落葉性であることが異なる。

 

・葉は肉質で長さ5~9センチほど。ロウヤガキよりも細長い。

 

・花期は初夏。花は小さいが、木自体が小ぶりであるため普通のカキの木よりは花が目立つ。

 

・花の後にできる実は直径2~3センチで文字どおり豆サイズだが、甘味があって食用できる。しかし、雌雄異株であるため雌雄それぞれの株を植える必要がある。

 

・実は一般的なカキとは異なって枝に直接できず、柄にぶら下がってできるのが特徴。実には羽根のようなヘタがついている。

 

 

【育て方のポイント】

・日当たりンと水はけの良い場所を好むが、乾燥にはやや弱いため、腐葉土質の土壌に植えるのがよい。

 

・成長が緩やかであり、放任してもそれほど大きくならないが、盆栽にできるほど剪定に強い。

 

【似ている木】

マメガキ(シナノガキ)

・リュウキュウマメガキ

・トキワマメガキ(トキワガキ/タイワンマメガキ)

 床柱に使われるマメガキ。材に黒い模様の入る黒柿が特に珍重される。

ロウヤガキ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

中品盆栽:常盤柿(トキワガキ)【現】*
価格:51840円(税込、送料別) (2018/7/8時点)


シセントキワガキの基本データ

 

【分類】カキノキ科 カキノキ属

    常緑広葉 小高木

【学名】Diospyros cathayensis Steward 

【別名】タマフリノキ

【成長】遅い

【移植】普通

【高さ】4m~10m

【用途】庭木/盆栽/果樹

【値段】