庭木図鑑 植木ペディア > プリペット

プリペット

European privet

プリベットの生垣 画像
プリペットの垣根(シルバープリペット)
プリペット 種類 プリベット
葉の色が軽やかで、近年、人気が高い(画像は「レモン&イエロー」)
プリペット 葉の特徴
基本種は葉に模様がない
プリペットの花 画像
刈り込みを控えれば花が咲く
プリペットの花 咲かない
咲き始めの花の様子
プリベットとプリペット
よく見れば綺麗だが、花を観賞するような木ではない
プリベットの実
花が咲けば実もできる

【プリペットとは】

・中国及びヨーロッパを原産とする常緑低木。軽やかな印象の葉が密生するため、公園や商業地の植え込みなどに多用される。欧米では生垣として使用されることの最も多い樹種の一つ。 

 

・プリペットと呼ばれることが多いため当ページでもプリペットとしているが、正確にはプリベット(privet)である。オシャレなイメージで流通しているが、生育の旺盛なネズミモチイボタノキの仲間であり、性質は野生的であり、かなり強い。

 

・刈り込みをせずに放任すれば、初夏に写真のような白い花を咲かせる。ただし、可憐とはいいがたく、花の観賞を目的にするような木ではない。花にはクリと似たような精臭があり、人によっては臭いと感じる。

 

・葉にはカラーバリエーションがあり、洋風の住宅ではシルバーやレモン&イエローが好まれる。 

 

【育て方のポイント】

・成長が早く、手早く垣根を作ることができるが、最低でも年2~3回は手入れをしないと、伸び放題になる。 

・常緑樹だが寒さに弱く、地域によっては冬期に落葉する。また、暖地に植えた場合でも、環境に慣れるまでは冬期に落葉することがある。

・害虫(ハマキムシ)の被害を受けやすい。被害を受けた茶色い葉は早期に取り除く。 

・半日陰でも育つが、基本的には日向を好む樹種であり、日陰に植えた場合は枝葉が間延びする。

・花が咲かないのは刈り込み時期が悪いことが多い。前年の秋以降に剪定をしなければ開花しやすい。

プリペットの基本データ

 

【分類】モクセイ科 イボタノキ属

    常緑広葉 低木 

【学名】Ligustrum vulgare

【別名】セイヨウイボタノキ

【成長】かなり早い

【移植】簡単

【高さ】1m~4m

【用途】垣根/公園/寄せ植え

【品種と価格】

 プリペットの主な種類と価格は以下のとおり