庭木図鑑 植木ペディア > ブッソウゲ

ブッソウゲ/ぶっそうげ/仏桑花

Chinese hibiscus

ぶっそうげ,植物図鑑
花言葉は「新しい恋」「繊細な美」など
クワみたいな葉っぱ,温室
葉はクワに似る
ぶっそうげ,葉
裏面の様子
ツボミ,つぼみ
蕾の様子
ぶっそうげ,赤花
本州に伝わったのは江戸時代初期で、「唐むろ」という簡易型の栽培温室で越冬させた
ブッソウゲ,特徴
赤いポンポンンが雌しべで、黄色いのが雄しべ
Chinese hibiscus
花弁の基部
Chinese hibiscus
萼の様子
仏桑花,植物
茎の様子
赤花,ハイビスカス
樹高は3m前後に

 

【ブッソウゲとは】

・熱帯及び亜熱帯に自生するアオイ科フヨウ属の常緑低木。日本では沖縄、九州南部、伊豆諸島南部、小笠原諸島に分布する。ハワイを代表する植物「ハイビスカス」の原種の一つで、南国風の花を観賞するため、自生地以外でも温室等で栽培される。

 

・学名は「中国のバラ」を意味し、中国南部を原産地とする説もあるが、原産地は分かっていない。インド洋諸島~東アフリカで成立した雑種植物とする説が有力。

 

・ブッソウゲという名は、中国名「扶桑」に由来する。扶桑は「日本」を意味する言葉でもあり、混乱を避けるためか「花」を付け加えた。沖縄ではアカハナ(赤花)あるいはグソーバナ(後世花)といい、後者は本種を仏花として墓前に供えることによる。なお、ハイビスカスは本種を含めたアオイ科の総称。

 

・開花は7~10月だが、熱帯地方や温室では年間を通じて開花する。花の直径は10~15センチで5枚ある花弁の縁は先が裂けて反り返ったようになる。花は鮮やかな赤の一重が基本だが、品種改良が進んでおり、白、ピンク、黄色、オレンジ色の一重、半八重、八重咲きがある。

 

・花の中央に突き出るのは雌しべと雄しべが合体したもの。黄色く見えるのが雄しべの葯で、先端にある赤いものは、柱頭が五つに裂けた雌しべ。また、花の裏側にある萼は筒状で、これも五つに裂ける。

 

・葉は長さ4~12センチ、幅3~7センチほどの卵形で、縁には粗いギザギザがある。表面は濃緑色で金属質の光沢があり、名前に示されるようにクワの葉に似る。両面とも無毛だが、裏面はやや白っぽい。 

 

【ブッソウゲの育て方のポイント】

・常緑性だが、最低気温が10℃を下回る地域や冬季に霜の降りる地域では屋外で越冬できない。自生地以外では鉢植えとして温室や屋内で管理するのが一般的。

 

・日当たりと排水のよい場所を好む。

 

・花はその年に伸びた枝に咲くため、剪定は花の後に行う。

 

・結実は稀であり、繁殖は挿し木によることが多い。

 

【ブッソウゲの品種】

・フウリンブッソウゲ

 熱帯アフリカを原産とする品種で、花は垂れ下がって咲き、花弁の先が細かく裂ける。葉の幅は本種よりも狭い。

 

【ブッソウゲに似た花】 

 フヨウ  ムクゲ

ブッソウゲの基本データ

 

【分類】アオイ科 フヨウ属

    常緑広葉 低木

【別名】ハイビスカス/アカハナ

    リュウキュウムクゲ

【漢字】仏桑花/扶桑花

【別名】ハイビスカス/ヒビスカス

    リュウキュウムクゲ

【学名】Hibiscus rosa-sinensis

【英名】Chinese hibiscus

【成長】やや早い

【移植】簡単 

【高さ】2m~4m

【用途】花木/鉢植え/温室

【値段】1500円~