庭木図鑑 植木ペディア > フジツツジ

フジツツジ/ふじつつじ/藤躑躅

Huji-tsutsuji

藤躑躅,開花期
暖地に咲くツツジの仲間で、開花は3~5月
めんつつじ,樹木
新芽の様子
メンツツジ,花木
葉の裏面の様子
ツボミ,つぼみ
蕾の様子
ふじつつじ,特徴
藤色の花が咲くのでフジツツジ。「富士」ではない
hujitutuji
花の内側上部に濃紫の斑点が入る
ふじつつじ,樹木
夏以降に出る「夏葉」は枝先に集まる
黄葉
紅葉の様子
藤つつじ,狂い咲き
季節外れの狂い咲きが多い 
樹皮
幹の様子

【フジツツジとは】

・紀伊半島(和歌山県)、四国(高知県、徳島県)及び九州(宮崎県、大分県、鹿児島県)に分布するツツジ科の低木。平野~山地の林内に自生し、藤色の花が咲くため、フジツツジと名付けられた。

 

・性質はヤマツツジと同様で、両者の中間種もあるため、本種をヤマツツジの変種とする説もあるが、花は明らかにヤマツツジより小さく、葉の幅は狭い。枝ぶりが繊細で全体に女性的であるとして、高知県では「雌躑躅(めんつつじ)」と呼ぶ。

 

・フジツツジの開花は3~5月で、漏斗型の花が枝先に1~3輪ずつ咲く。花冠は五つに裂け、上にある裂片の内側には濃い斑点模様が入るが、花色は紅紫だが濃淡には個体差がある。花冠の直径は2~5センチでツツジとしては小さい。

 

・花の中央ある花柱(雌しべ)は無毛で雄しべよりも長い。5本ある雄しべの下半分には毛を生じ、萼片や花柄にも白い長毛が密生する。花の後にできる果実は長さ7~8ミリで、これにも褐色の剛毛がある。

 

・フジツツジの葉は長さ1~3センチの長楕円形あるいは歪んだ卵形。季節によって形や大きさが異なり、春に出る葉はより大きくて枝から互い違いに生じ、夏以降に出る葉はやや小さいが質厚。枝先で輪生状に生じ、紅葉の後に越冬するが、寒冷地では落葉する。枝は分岐が多く、若い枝には褐色の剛毛がある。

 

【フジツツジの育て方のポイント】

・土質を問わず丈夫に育つ。他のツツジ類に比べると花つきは悪いものの、狂い咲きが多く、年間を通じてチラホラ咲いていることが多い。

 

・幹は株立ち状に複数生じ、樹形はまとまりにくいが、芽を出す力が強く、剪定によって形を整えやすい。

 

【フジツツジの品種】 

・シロバナフジツツジ

 文字どおり白い花が咲く品種で、園芸用に流通する。

 

【フジツツジに似ている木】

ヤマツツジ

オンツツジ

フジツツジの基本データ

 

【分類】ツツジ科/ツツジ属

    常緑(半常緑)広葉/低木

【漢字】藤躑躅ふじつつじ)    

【別名】メンツツジ(雌躑躅)   

【学名】Rhododendron tosaense

【英名】

【成長】やや遅い

【移植】簡単 

【高さ】1~2m

【用途】庭木/鉢植え

【値段】1500円~